ランチ@「かもめ食堂」

夜行列車でヘルシンキに朝到着。
その日のお昼はお待ちかねの「かもめ食堂」でランチをすることに。
b0105201_4202193.jpg

実際の店の名前は「かもめ食堂」ではありませんが、映画ロケ後もこの文字は
残されたようです。店内は映画の中とはちょっと配置等も違い、全く違う雰囲気。
b0105201_3424062.jpg

ランチメニューは3,4種類あり、メインにサラダバー、飲み物(水、手作りビール風飲み物、
牛乳)がついて7-10ユーロ程。
そういえば、フィンでは水道水も普通に飲める為か、レストランに入ると日本と同じように
水は無料でサーブされました。
私が頼んだ白身魚のムニエル。
付け合わせのじゃがいももフレンチフライやマッシュドポテトなどから選ぶことができます。
b0105201_345621.jpg

見て頂ければお分かりになると思いますが、かなりのボリューム。それでお味もグー!
Sさんいわく、ヘルシンキでこのお値段のでこの量、この質はなかなか食べられない、とのこと。
そのせいか、店内の客層は「かもめ食堂」の影響で日本人観光客か、
体が資本の肉体労働者っぽい男性が主でした。
b0105201_3581119.jpg

ちなみにこの「かもめ食堂」の場所は、人がにぎわう観光地のど真ん中ではなく
静かな住宅街。何故こんな何でもない所に日本人観光客が現れるのか、
この映画のことを知らない人々には不思議でしょうがないでしょうね。




ヘルシンキでお気に入りの観光スポットはここでした。
この旅行2日目と、最後から2日目と2回行きました。
正面からと裏からですが、何か分かりますか?
b0105201_42975.jpg

では中に入ってみましょう。
b0105201_4102085.jpg

何の施設だか分かりましたか?
この楽器を見れば、さすがに分かるでしょう。
b0105201_4121668.jpg

テンペリアウキオ教会です。
むき出しの岩壁と円形のガラス窓から入る自然光が特徴的な教会。
b0105201_413788.jpg

自然の中にいるようで、またその日のお天気によっても、教会内の明るさ・雰囲気
が変わるので、何度行っても飽きないでしょう。
お腹いっぱいになったランチ後ぼーっとするにも、歩き疲れた足を休めるにも、
旅の思い出を振り返るにも、色々なことを考えるにも。
あ、ここは教会でしたね、本来の目的から私は外れてしまっていますね・・・。
[PR]
by glueck-ss | 2007-10-12 04:18 | -フィン・ラップランド(夏)
<< 栗・芋・南瓜、秋刀魚、それから... 再びプチ電車女ワクワク-ヘルシンキへ >>