冬はいずこ?

1週間更新さぼっていたら、12月に突入していました。
12月となるのに暖かいドイツ。異常気象、暖冬になるのでしょうか。
先日車の窓ガラスの霜取りをして「冬が来たと感じた」と書いたのですが、霜取りが必要な朝はあれ以降、1,2度しかありません。
ここ数日日中15度超えている日もありました。

私は冬生まれのせいか、暑さには弱いですが、寒さには強いです。
冬のキーンとした寒さが気持ちがいいと思えます。(ただし晴天であることに限る)
こんな気温ではWeinachtsmarkt(クリスマスマーケット)といえば、の飲物
Guehwein(ホットワイン)も美味しさ半減です。

私はこのような景色を待ち望んでいます。(昨冬の写真より)
b0105201_47051.jpg

↑Schwarzwald(黒い森)で一番標高の高いFeldberのスキー場。
ゲレンデは短いですが、シーズン始め、練習に最適。昨冬は雪が豊富でした。

b0105201_49539.jpg

ドイツ人は雪が積もっても、休日のお散歩はします。
さてこれはどこでしょうか?
ドイツ語がお分かりになる方には↓の写真で分かりますね?
b0105201_4184330.jpg




わらわらと人がお散歩しているのです。
「制限区域まで開放中。それを越えた氷上は各自の責任」との注意書き。
スケート靴持参の人もいれば、後方ではアイスホッケーしている人も。
b0105201_43017.jpg

スケート靴がなくても、湖上に積もった雪を掻き分けて氷上をつるつるにして、
勢いをつけて滑る人もいます。
b0105201_4333386.jpg

この親子には笑いました!
b0105201_4351367.jpg

分かりにくいですが、赤い上着がお父さん、真ん中の黒いのが犬、
手前が息子です。
ワンコのリードと息子が乗るソリが繋がっていて、お父さんが雪玉を投げると
このワンコがそれを追いかけて、ソリが引っ張られるというしくみ。
でもワンコは雪の玉が投げられるとすごい勢いで走り出す為、ソリは急発進の上、
急カーブして、息子はソリから投げ出されていました。親子が考えたようには
遊べなかったようです(^^)

あー早く雪遊びがしたいなあ。
[PR]
by glueck-ss | 2006-12-07 04:43 | 日々の徒然
<< おフランスへ行って来ました クリスマスイブは彼と? >>