またもやとほほ・・

アイスランド滞在12日目の7月22日

その日レイキャビックへ戻るバス出発時間は14時半。
半日以上時間があるので、まずは朝風呂。
しかし、天然温泉に浸かっているとぽつりぽつり、と雨が降り出してきました。
どんよーりと広がる灰色の曇天に回復を諦めつつも、小雨だったのでテントの中で
ちょっとだけ二度寝して待つことに。(朝に温泉つかって、二度寝なんて贅沢~!)
しかーし、雨粒が大きくなってきたようで「ボツボツボツ」とテントを打つ音が激しくなり
これはもう止まないと判断。またまた雨の中、テント撤収となりました。

結局その日は何をするでもなく、キャンプ場にあるこのバスで4時間程本を読んで
その後バスに乗って移動という何もしなーい一日となりました。
左が売店で、右がInfo兼休憩所。
b0105201_054496.jpg


この日、レイキャビックから日帰りでこのLandmannalaugarを訪れた人々は
本当に気の毒・・・。歩くにも歩けないし、雨宿りするていってもこの小さなバス
(座れるのは10人程度)しかないし・・・。

さて、レイキャビック行きのバスは、また未舗装地帯をガタガタガタと振動しながら
走り抜け、やっと舗装された国道まで戻りました。
レイキャビックまであと40キロといったところで、事件は起きました。

またもやバスが「ぐぅわ~んっ」と大きくバウンドし、ゆっくりと停止したのです。
「何事?」と思ってバスの外を見ると、大きなタイヤがコロコロコロ~っと転がっていきます。
「あー、道路に落ちていたタイヤに乗り上げてしまったのね」とのんきに思っていたら、
何と自分達が乗っているバスのタイヤが外れたのでした・・・
まああんな道を毎日走っていれば外れてもおかしくないよなあ、と納得。

デジカメ最大ズームにして撮った証拠写真を。
b0105201_174439.jpg


運転手さんはすぐに代替バスを呼び、予想よりも早く1時間程で代替バスが到着。
ま、その後もその他の場所で起こった事故の影響で渋滞にはまり、予定より大幅遅れで
レイキャビックに無事到着。何をしたわけでもない、長ーい一日は終わったのでした。
それにしても不幸中の幸いは
1.タイヤが外れても横転しなかったこと。
2.内陸部で起こらなかったこと。内陸部で起きていたら、代替バスが
迎えに来てくれただろうか・・。来たとしてもかなーり時間がかかったはず。

代替バスより撮影:夕暮れに置き去りにされていくバス。
何となく悲しげな感じで、私の頭の中のBGMは「ドナドナ」でした。
b0105201_1112651.jpg





このキャンプ場ではアイスランドポニーの体験乗馬ができます。
本当はこの日に乗るつもりだったのに・・・・。次回に持ち越しです。

普通の馬よりもちょっと足短め・小柄で、温和だといわれるアイスランドポニー。
色や模様も色々です。このもさもさ前髪部分もチャームポイント。
b0105201_7392764.jpg


そうチャーミング?
b0105201_121348.jpg

乗るかい??
b0105201_1212211.jpg

その前に餌くれー
b0105201_1302044.jpg


ちなみにこのポニー走り方(足の運び方)は普通の馬とは違うため、
乗り方も少し違い、上に乗る人が感じる振動は普通の馬よりも少ないそうです。
[PR]
by glueck-ss | 2006-10-11 07:41 | -アイスランド
<< サル~サ!! まだ続くアイスランド旅行記 >>