雨の日の過ごし方・・・

滝見学後は、天候回復の余地はないと見込み、雨の中テントの撤収を始めました。
キャンプ旅行は何度かしていたものの、雨の中のテント撤収は初めて。
テント本体が濡れるのを極力最小限にとどめようとも、無理でした。
びしょびしょになったテントを無理やり収納袋に入れ、撤収終了。
まだ4日目にして、「帰りたいよーー」泣きが入りました。

その時点でまだ11時。バス出発時間まで3時間半もあります。
とりあえず、売店併設の休憩所で、びしょ濡れになって冷え切った体を温めようと
ココアを飲みました。泣きが入った心・体に「ほわ~ン」と沁みました!

その後はポストカードを書き、本を読んで時間をつぶすことに。
国立公園の中にあるだけに、このような悪天候で自然散策ができなければ、
この休憩所で座って時間を過ごすしかありません。
そんな訳で小さな休憩所は人であふれかえっていました。

相席になったのはドイツ人ご夫婦。自転車で島内を周っており、バス旅行よりももっと天候
に左右される為、1ヶ月(!)という時間に余裕をもっての旅行をされていました。
「雨だとなんにもできないよねー」と愚痴を言ったところ「アイスランドでは特に(天気に対する)
忍耐が必要だよ」と諭されました。
彼らもポストカードを書いたり、今後のルート検討をしながら、雨の時間を過ごして
いました。

でも休みがなかなか取れない旅人にとってはそれは無理な話しで、
忍耐ではなく、「雨だって何だって、とりあえず行かなきゃ、見なきゃ」という
気合・意地も必要ですよね。



良いお天気を求めて北東に進みたくとも、本日のバスはヘープン(Hoefn)止り。
これだけしか進めません。
b0105201_373513.jpg


途中ヨウクルスアゥルロゥン(Joekusarlon)のバス停では15分間の休憩。
ここは氷河湖に氷山や氷河が浮かんでいる湖。かなりの降雨量でしたが、
バスを降り、意地になって写真を撮ってきました。

こんな水陸両用車(船?)に乗って、氷河湖クルーズができます。
b0105201_3161664.jpg


雨天で、ガスっていても、こんなに青く見えるんです。太陽が照っていたら
どんなにきれいだったことでしょう。
b0105201_3162858.jpg

b0105201_3173090.jpg


と、びしょ濡れになって写真を撮ってうんざりしていた観光客の前に
ここで天使が現れました!
「Seal !!」という子供の叫び声の方をを見てみると、アザラシが頭を出して
気持ち良さそうにすい~っと泳いでいました。
この瞬間ばかりは、皆の顔がぱーっと明るくなりましよ。
[PR]
by glueck-ss | 2006-08-05 03:34 | -アイスランド
<< オフ会の週末 スヴァルティフォス(滝) >>