早起きは三文の特?

さておどろおどろしい姿におびえたかと思いきや、
あっという間に眠りに落ち、すっきりと目が覚めた次の日の朝。

雨降りの前日と違い、今日は良いお天気になりそうだ~。
(ホテルの窓から)
b0105201_454290.jpg


人が居ない静かな間に、写真を撮りたいなとお散歩へ。
「夜は水面が上がってくるので堤防脇ではなく、堤防上に駐車した方がいいですよ」
という前の晩のホテルでのアドバイス。
その為、まずは車が流されてないか、無事を確かめに。
b0105201_503188.jpg

堤防下には水溜りができ、潮が満ちてきていたようだけれども、
幸い(いや残念ながら?(^^))プカプカ海に浮いている車はありませんでした。

そんな水浸し、海草が散らばる駐車場を端から端へと行き来している車が・・・
水溜り、ごみをはらい、駐車場をならすべく、朝から働いていました。
(男の子ではないけれど、こういう「働く車」見るの結構好きだわ・・。)
b0105201_515075.jpg


ちなみに潮の満ち干、この写真で少し分かるでしょうか。
(左:前日の夕方、右:次の日の朝)
夕方から夜中にかけて満ちて、朝にかけて引いていったようですね。
b0105201_591186.jpg


朝のお散歩は観光客が少なく静かで、思い思いのところでとまって、
のんびりと建物を見上げたり、海を見たり、写真を撮ったりできてお勧めです、
やっぱり「早起きは三文の特」ですね。

「朝日を浴びるの僧院」をねらっていたのですが、なかなか難しい・・・。
b0105201_5192387.jpg




夜をうなされずに、ぐっすり眠った素敵なホテルはAuberge St.Pierre。
母屋はメイン通りにあり、私達が泊まった客室はそこから更に坂を上って
いかなければならない別の建物。

こんな細い路地にあり
b0105201_526109.jpg

木組みの赤がポイントの建物で可愛らしい建物。
b0105201_5273636.jpg

お部屋のドアのたてつけが悪く閉まりにくかったり、床がぎしぎしきしんだりするような
古めかしい建物も、これまた趣があり良し。
お部屋には暖炉の形跡が。
b0105201_5285563.jpg


土地も限られた島内なのに、お風呂にはバスタブもついており、お湯もしっかり出ました。
(給水・排水は一体どうなっているのだろう・・・・?
島の下に浄水施設があるのかなあ・・・?)

ちなみに、このホテルにはW-LANも整備されていました、
ここまで来てその設備は不要、興醒めだと、思うのは私だけでしょうか・・・。
[PR]
by glueck-ss | 2010-01-21 03:03 | おでかけ(ドイツ外)
<< あの方に会いに 目的地到着-11月旅の続き- >>