タグ:野鳥 ( 4 ) タグの人気記事

グリムセイ島での二つの目的とは

20人弱いた乗客のほとんどが多分私と同じ目的だったと思います。

一つは北緯66度33分線を越えて、北極圏に突入すること。
過去に2回行ったノルウェーで果たすことができなかったことで、
3度目の正直。でも「それが何?」ってことなのですが、何となく自己満足の為ですね、
「こんな北まで旅に来たんだ」という・・。

1本だけ滑走路のある小さな飛行場の上を66度33分線は横切っているようです。
空港脇に、何だか心もとない塔が建っているだけでした。
一緒に歩いていた若者も不安だったようで「これ66度33分だよね?」って聞いてきました。
私は「多分、そう願うよ」と答え、「じゃあ」ってことでお互い撮りあったのがこの写真。
b0105201_353163.jpg


各都市までxxkmという標示がついており、「Tokyo 8494km」とありました。

そしてこれが「xx(名前)はx年x月x日にグリムセイに来て、北極圏に入りました」
という証明書。(赤い矢印は場所が分かるように、私が加えました)
b0105201_1372796.jpg

港前のCafeで、300Kr(4-5ユーロ?高っ!)払って入手。お金を払ってまで?と
思いましたが、ここにこなければ入手できないと思い、購入しました。
アイスランド語版もあったのでそちらの方がお土産らしかったな、とちょっと後悔。

そしてもう一つの目的は、このBlogの右上に載せているパフィン(ヒメツノメドリ)を
見ること。前々から写真では見た事があったのですが、この色合いと
何とも言えない情けなーい顔の鳥をこの目で見たいと思っていました。
港から歩いて5分程で、最初のパフィン。初めて自分の目で見るこのお茶目な鳥。
大体皆同じ位のコース、ペースで歩いているので、同じ所で立ち止まり
熱心に写真を撮っていました。
b0105201_322765.jpg


でも島を北へ北へ進むほど、「何もあそこで潜んでこっそり、ズーム最大限にして
撮る必要なかった」
と思うくらいパフィンの数は増え、あちこちで、間近で見る事が出来たのでした。

パパパパパフィン!
[PR]
by glueck-ss | 2006-09-05 01:44 | -アイスランド

クレーター山へのハイキング

6日目はAkureyri(アークレイリ)へ移動ですが、午後のバスまで時間が
あったので、キャンプ場近辺の湖沿いを散歩した後、
Hverfjall(クヴェルファットル)というクレーターの山へハイキングに行くことにしました。

キャンプ場のすぐ側からハイキングコースがあり、この山がずっと見えているので
迷うことはありません。といっても見えていながらなかなか距離は縮まらず・・・。
片道6キロ位でしょうか。
b0105201_2231145.jpg


コース最初は、木々、草に覆われた道だったのですが、
途中から木は全くなくなり溶岩台地が広がりました。砂地の上に溶岩がごろごろ
ころがっており、荒涼とはしていますが、そんな中でもこのような小さな花が
けなげに咲いていました。
b0105201_345344.jpg


これがクレーター上部へ斜面。上へ登って行く道分かりますか?
b0105201_3241466.jpg


噴火によってできたこのクレーター。
標高約460m。このくぼみは直径1km、深さは140m程。
この山の上、ふち周りを一周することができます。
頂上からでも、丸いへこみ全体撮るのは不可能でした。でも雰囲気は伝わるでしょうか。
b0105201_3314716.jpg


上からの周囲の景色。溶岩原が広がり、小さめのクレータも見られます。
b0105201_3371415.jpg


道中では
[PR]
by glueck-ss | 2006-08-23 04:35 | -アイスランド

Reykjahlidのキャンプ場

このキャンプ場はミーヴァトン湖に面してあります。

トイレ・シャワー棟は男女一緒でしたが、シャワーは無料で使えました。
また、キッチン用の大テントもあり、ここにはテーブル・椅子の他、調理ガス台まで
あり、風の強い日、雨の降る日には、この中で安心して調理することができます。
湖に面しているせいかもしれませんが、私が泊まった日は本当に風が強く、外では
調理不可能だったので、本当にこのキッチンテントは有り難かったです。

さて7月16日の6日目。
朝にはこんな虹が見えました。
虹が見られると「何かいいことあるかも!」と嬉しくなりませんか?
b0105201_1515020.jpg


キャンプ場にはこんなキャンピングカーも。(私の好きなタイプの車です)
b0105201_152437.jpg


そしてテント周りにはこんな住人(?)も。
b0105201_1533790.jpg

b0105201_1535843.jpg

b0105201_15416100.jpg


ミーヴァトン湖とは
[PR]
by glueck-ss | 2006-08-21 02:12 | -アイスランド

スヴァルティフォス(滝)

7月14日(4日目)
この日は14:30発のバスでさらに東へ向かうので、その時間までは
このキャンプ場に来た目的のスヴァルティフォスの滝を見に行く予定でした。
でも先のテントからの写真を見ればお分かりのように、朝からかなーり怪しい雲行き。
朝ご飯を用意しているうちにポツポツと雨は降り出しました。
旅程に余裕があればもう1泊して明日歩きにいけばいいのですが、それも出来ない為、
上下レインウェアを着て、この滝を目指して歩きに行きました。

キャンプ場脇からコースは始まっており、標識もあるので迷うことはありません。

最初は登り道です。
お天気が良ければきっと広大な景色が楽しめたのでしょうが、雲が立ちこめ遠景は
ほとんど見えません。
そして雨は強まるばかり・・・目的を滝を見ることだけにしぼりずんずんと歩き続けました。

すると20分弱で目的の滝が見えてきました。
b0105201_315403.jpg


登ってきたと思ったら、今度はこの滝口まで下りです。
流れ落ちる水の勢いは2日目に見た滝には劣りますが、
この自然の造形美に流れる落ちる滝が見たかったのです。
b0105201_3205334.jpg

b0105201_3213586.jpg


この岩がこのような割れ方をする特質の岩だとしても、一体どんな自然の過程を
経るとこのような形になるんだろう・・・?
そんな風に感じる所がアイスランドには至るところにありました。

ハイキング道中に出会ったのは
[PR]
by glueck-ss | 2006-08-04 03:54 | -アイスランド