タグ:温泉 ( 5 ) タグの人気記事

Landmannalaugarに来た目的は?

10日目の7月20日。

朝からこのキャンプ場に来た目的を果たします。
それは何かというと温泉につかること、しかも朝風呂!!

このキャンプ場には天然温泉の川が流れています。
b0105201_214048.jpg

b0105201_2142991.jpg

簡易脱衣場もあります。(もちろん水着着用です)
b0105201_2215748.jpg


この手前の辺りはまだぬるーいです。丁度良い水温のところには
やはり人が集まります。バスの停車しているお昼の時間帯はこのように混雑。
b0105201_2164872.jpg


そのため、ちょうど良い水温の場所にのんびりとつかっていられるように
朝風呂にしたのでした。私以外に3人ほどがいるだけで、大自然の中
本当に気持ちが良かったです。
でも川底には時に藻草のようなものがあるので、静かにしていないともわーっと
上がってくるのがちょっと・・・・でしたけどね。
[PR]
by glueck-ss | 2006-09-19 02:26 | -アイスランド

クレーター山へのハイキング

6日目はAkureyri(アークレイリ)へ移動ですが、午後のバスまで時間が
あったので、キャンプ場近辺の湖沿いを散歩した後、
Hverfjall(クヴェルファットル)というクレーターの山へハイキングに行くことにしました。

キャンプ場のすぐ側からハイキングコースがあり、この山がずっと見えているので
迷うことはありません。といっても見えていながらなかなか距離は縮まらず・・・。
片道6キロ位でしょうか。
b0105201_2231145.jpg


コース最初は、木々、草に覆われた道だったのですが、
途中から木は全くなくなり溶岩台地が広がりました。砂地の上に溶岩がごろごろ
ころがっており、荒涼とはしていますが、そんな中でもこのような小さな花が
けなげに咲いていました。
b0105201_345344.jpg


これがクレーター上部へ斜面。上へ登って行く道分かりますか?
b0105201_3241466.jpg


噴火によってできたこのクレーター。
標高約460m。このくぼみは直径1km、深さは140m程。
この山の上、ふち周りを一周することができます。
頂上からでも、丸いへこみ全体撮るのは不可能でした。でも雰囲気は伝わるでしょうか。
b0105201_3314716.jpg


上からの周囲の景色。溶岩原が広がり、小さめのクレータも見られます。
b0105201_3371415.jpg


道中では
[PR]
by glueck-ss | 2006-08-23 04:35 | -アイスランド

やっとの温泉・・・

アイスランド5日目でしたね。
Reykjahlidにほぼ時間通り15:30過ぎに到着。
バス停の道を挟んで向かいにあるキャンプ場で、即効テントを組み立て、16時頃。
早速この街に泊まる目的の1つであった、露天温泉につかりに行くことにしました。

アイスランドではレイキャビック近郊にある、世界最大級の露天温泉といわれる
ブルーラグーンが有名ですが、2年程前、「ミーヴァトン湖のブルーラグーン」ともいえる
温泉施設がオープンされていました。

キャンプ場からは歩いて30-45分位。途中まではハイキングコースがありますが、
その後は車道を歩くこととなりました。
この日にバスで通ってきた道が見えます。
b0105201_0394514.jpg


この日は、かなりの強風。
進めないどころか、踏ん張らなければ吹き飛ばされてしまいそうになり、
しかも歩いている人は私一人だけで誰もおらず、かなり不安になりながら歩き続けました。

そしてやっとこの案内表示を見つけほっと一安心。
b0105201_328214.jpg


強風のせいもあり、ここからまだ15分ほどかかったでしょうか。
入場料は1100クローネ。水着必着です。
温泉好きのアジア人をターゲットにしているのでしょうか、中国語、日本語の
案内チラシも用意されていました。
b0105201_326852.jpg


早速着替えて、「温泉♪温泉♪」
[PR]
by glueck-ss | 2006-08-18 00:17 | -アイスランド

ゲイシール(間欠泉)

arcさんのコメントを読んで補足です。

ゲイシールというのは、「水が地熱で高温状態になり底部が沸騰し、その蒸気圧が
水圧に勝って、熱湯がまるで突然噴火するかのように噴きあがる」間欠噴泉のことです。
(Icelandプロモーションセンター発行のIceland Nowより)

ということで熱湯です。噴き上がった後周りに流れ出たお湯に触れてみましたが
かなり温かかった、というより、熱かったです。

周囲は地熱地帯で、地面から湯気(蒸気)が上がっています。
b0105201_431196.jpg


このようなお湯の池もあります。
b0105201_432461.jpg

↑これを見た時、まだ未経験の「露天風呂@アイスランド」への
期待が一層高まりましたよ。(ここは入れませんが)

このような地熱地帯がアイスランド国内に至る所に広がり
そのため温泉も豊富なようです。
[PR]
by glueck-ss | 2006-07-29 04:39 | -アイスランド

恋しいもの

(注:火曜日にこの記事下書きしていて、
それ以降メンテナンスでUpできなかったのでちょっと内容にずれがあります。)

ドイツにはやっと春が戻って来ました。
週末には一気に夏日になりそうな予報です。

冬のようだった先週はこんな温泉が恋しくなりました。
今年の4月の帰国の際に行った海辺の露天風呂。

西伊豆・ 堂ヶ島 沢田公園露天風呂(入湯料500円)
崖の上にあり、海を見下ろす場所にあります。
でも海をるとなると、お風呂から立ち上がってみないと見えませんけど。
b0105201_1434949.jpg


西伊豆 雲見温泉露天風呂(無料)
かなりぬるめですが、すぐ目の前が海岸で開放的で気持ちがいいです。
b0105201_1403376.jpg


海水もきれいでした。海の香りも恋しいな。
b0105201_1452984.jpg


せめてうちにもバスタブがあればいいのに・・・・と切に願う今日この頃でした。
[PR]
by glueck-ss | 2006-06-08 01:41 | 日本