タグ:クロアチア ( 8 ) タグの人気記事

Split-上からの眺め

宮殿跡の入り組んだ裏道を散歩して迷子になることはありません、
このカテドラルの塔が目印になるから。
b0105201_2375149.jpg


高い所に登れると知れば、どこでも「登りたい!」と思う私です。
それがたとえ自分の足で歩かなければいけないとしても。
(「xxは高い所が好き」だから・・・・)
キティは「疲れるから下で待っている」と言うので、一人で塔に登ってきました。

階段は下も、外も丸見えです~。
b0105201_2402531.jpg

b0105201_2474917.jpg


青い海が見えた~。
b0105201_2511316.jpg


てっぺんは風が強かった!
[PR]
by glueck-ss | 2007-06-22 03:09 | -クロアチア

宮殿跡の街 Split

Splitの街、メイン観光は、城壁に囲まれた宮殿跡。
もともとは、ローマ皇帝・ディオクレティアヌスが退位後の余生の為に3世紀末に
作られた宮殿。その後廃墟となった宮殿跡を中心に、時代とともに様々な建築物が
建てられ、改築されて形成されていった町全体が観光地。

海側に面した城壁(外側からと内側から)
b0105201_22394817.jpg

b0105201_2242937.jpg


東側の城壁と門(外側・内側から)
b0105201_22554545.jpg


豪華絢爛、しっかりと概観が残っている建築物よりも、朽ちかけて、草が生えてきている
遺跡を見るほうが見ていて楽しいです。
「兵ども夢の跡」ではありませんが、長い歴史の間に起こったことについて
色々と想像力をかきたてられるから。

この街も裏道が入り組んでいました
[PR]
by glueck-ss | 2007-06-17 23:23 | -クロアチア

世界の車窓から~クロアチア編

♪タラ・タッタッタ・ターララ・ターラー・ラ~♪
本日はDubrobnikからSplitへのバスの車窓からの風景をお届けします。

この区間の道路はほぼ海岸沿いに作られていますが、地形が入り組んでいる為、
直線距離にすれば200km強ですが、バス、(料金:132クーナ、約20ユーロ弱)
では4時間半程かかりました。

走り出して1時間程、突然パスポートコントロールでバスが停車しました。
窓の外を見て見るとボスニア・ヘルツエゴビナの国境検問のよう。
勉強不足、知識不足で恥ずかしい限りで、後になって知ったのですが
クロアチア海岸沿いの数キロの部分がボスニア・ヘルツエゴビナ領土となっており
クロアチア領土が途切れているのです。その為、この国に入国・出国しないと
Dubrovnikから北へ、もしくは北からDubrobnikへは進めないのです。

車窓の大半は左手にアドリア海、小さな島々、右手に迫った丘陵地帯といった風景。
b0105201_4114583.jpg

b0105201_4122746.jpg


ところどころオレンジ屋根の教会、家々、ホテルが立ち並ぶ小さな
海岸リゾートの街が現れます。
b0105201_4125920.jpg

b0105201_4133956.jpg


時にデルタ地帯の農村風景も広がりました。
b0105201_4245667.jpg


次回はSplitからの街並みをお届けします。
[PR]
by glueck-ss | 2007-06-11 04:25 | -クロアチア

後悔先に立たず

朝8時からDubrovnikの街を散策し、路地裏まで歩き回った私達。
午後の14時頃には見る場所がなくなってしまいました。
(教会、博物館内をつぶさに見ていれば話は別です)

そこで船で40分ほどで行けるCavtatという半島に行くことにしました。
往復で80クーナ(約10ユーロ)
アドリア海を短いながらもクルーズ。そしてこのDubrovnikの街を
エメラルドグリーンの海上から眺める。ドキドキ・ワクワク、カメラを構え
船に乗り込みました。
b0105201_5103285.jpg


が、しかしこの興奮も5分後には、不穏な雰囲気に・・・・
確かに街でも風が強かった・・・そんな日には海上はもちろん荒れるわけで・・
写真からお分かりのように、私達の乗った船は小型でした。
エメラルドグリーンの海の上では強風に舞う木の葉のように、船は
大きな波に煽られながら進んで行き、私は10分頃からぐったり・・・。
「もう戻って~!!」と思っても、既に遅し。
見える岸は遠く・・・・・そして目的地は全く見えず・・・・。
生あくびをこらえ、深呼吸をして何とか気を紛らわそうとしていました。
そんな自分で精一杯だった私。気が付いたらキティは胃の中のもの全て
アドリア海へ捧げていました(爆)。
なかなか目的地が見えてこないこの40分の短い長旅、つらかったです~。
お陰で目的地に着いても、ぐったり、この地に着たことに後悔し、写真を
撮る気もなく、お陰で写真はありません(>_<)
帰りは幸いバスという移動方法もあったので、船は往復でチケットを買っていましたが
二人ともバスで帰るということに即効同意。
(写真の右側に写っている男性も帰りのバスの中にいました・・・やっぱりね・・・)

と、お口直し(?)に、私が旅先で必ず撮るワンニャン写真@クロアチア編を。

路地裏で擦り寄ってきたニャンと宮殿脇にいたニャン
b0105201_5282158.jpg

路地裏をあっちこっち歩き回っていたチビワンコ、
宮殿の発券所脇の椅子の下にいたワンコ
b0105201_5301382.jpg


リラックスし過ぎ・・・
[PR]
by glueck-ss | 2007-06-05 05:25 | -クロアチア

Dubrovnik-城壁の内側編

城壁お散歩編楽しんで頂けたでしょうか?
今回は城壁の内側、街の中を写真をUp。
教会や有名な名所はガイドブック等で紹介されているので省きます。

観光地ながらも庶民の生活が伺える写真を。

どこに旅行へ行ってもそうなのですが、何故こういう洗濯物干し現場を撮影
したくなるのでしょう?
b0105201_551345.jpg

b0105201_5522076.jpg


ドア・窓全開、観光客にじろじろ見られながら散発、床屋さんです。
b0105201_5435713.jpg


路上で刺繍しながら、刺繍品を売っている、民族衣装を着た女性&ワンコ。
(このワンちゃんはこの場所に日の当たる午前中だけここに居るそうです)
b0105201_5531455.jpg


ここは学校。城壁と同じ高さに教室があり、毎日観光客に眺められながら授業。
そして城壁の向こう側は海。勉強に集中できるかしら・・?
b0105201_3583644.jpg


もっと見ますか?
[PR]
by glueck-ss | 2007-05-31 04:09 | -クロアチア

Dubrovnik-城壁お散歩編

クロアチアでの行動開始1日目。
その日は1日Dubrovnikに費やすので朝はそれほど早起きしなくて
良いだろうと思っていたら、6時半にキティに「はい、起きてー」と起こされました。
前の晩「Glueckが起きたい時間に起きればいいから」って言ってなかったっけ・・・?
彼女は4時半から目が覚めていたんだそう、私たちが就寝したのは24時過ぎだったのに・・

ということで8時から旧市街へ繰り出すことに。

こちらが1667年の地震被害を受ける前のドゥブロブニク
b0105201_3425933.jpg

色々な国々に支配され、↑のような城塞都市になったのは15,6世紀辺り。
地震の被害を受けても元の姿のような街に復興。また、その約300年後
(1991年-1992年)旧ユーゴの内戦で被害を受けたにもかかわらず、
市民が再び復興に努めたお陰で、全くその痕跡は見受けられず、ほぼ↑の絵と
同じ街並みを保っていました。

まずは街の全体を把握する為、ぐるりと街を囲んでいる城壁の上をお散歩。
ゆっくり歩いて、写真を撮りながら約1時間ちょっと。(50クーナ、約7ユーロ)

アパートメントから歩いて来て、街の城壁が見えてきました。
b0105201_2405784.jpg

衛兵さんに横目に城壁内に入ります。どんな街並みが広がるのかドキドキでした。
b0105201_16384470.jpg

赤丸の辺りから階段を上り城壁の上へ。
b0105201_16421141.jpg

朝9時前の日差しとは思えない、夏の日差しでした。
b0105201_16443996.jpg

街の中にも城壁は入り組んでいます。
b0105201_5594297.jpg

スタート地点が見えてきて、1周が終わりです。
b0105201_2373230.jpg


城壁と海の間には
[PR]
by glueck-ss | 2007-05-28 16:56 | -クロアチア

何故クロアチア?

何故今回の旅先がクロアチアだったか?

1)夏休みは北上するので、少しは海でリゾート気分を味わいたい。
2)今まで行ったことのない国に行きたい。
3)候補はポルトガル、ギリシャ、クロアチア
4)安い航空券が見つかったのが、たまたまクロアチアだった、と単純な理由です・・・・

といっても手元には日本語のガイドブックもなく、急いでドイツ語の簡単なガイドブックを購入。
場所は大体分かっていましたが、この国(オレンジ部分)は結構南北に長細かったのね・・・・
b0105201_421525.jpg

あまりにも下調べの無さ過ぎた、無謀なチケット購入に少し反省・・・・。
何せ、今回は一番下の青丸、Dubrovnikへ飛び、一番上の青丸Rijekaからドイツへ戻ると
いうルート。南端から観光しつつも4日で北端に移動していなければいけないのです。
主要道路は入り組んだ海岸線沿いを走る道路。距離がなくとも時間はかかります・・・

そこで、クロアチア人の同僚の意見を参考に3日目まで前もって決めておき、
以後は現地で以下のルート設定。
1日目:夜の便でStuttgartからDubrovnikへ
2日目:Dubrovnik、Cavtat観光
3日目:Splitへバスで移動、Split観光(真ん中の青丸がSplit)
4日目:Trogir観光、夜行バスでRijekaへ
5日目:RijekaからStuttgartへ
Dubrovnik, Split, Trogirとも、世界遺産に登録されている街でした。

クロアチアといえば、昨年のドイツワールドカップで日本と対戦しましたね。
最初の観光地、Dubrovnikでサッカーボールと国旗のイラストの入った車を発見。
b0105201_419730.jpg

パブリックビューイングでこの試合を観戦した際赤白チェックのユニフォーム軍団に
囲まれたっけ・・・。
お陰で今回この旅でこの国旗を見ると、何だか親しみがわき、懐かしく思えました。



順々に写真をUpしていきますね。
[PR]
by glueck-ss | 2007-05-23 04:32 | -クロアチア

旅先より戻りました

無事クロアチアより戻ってきました。

行き先はアドリア海をはさんでイタリアのアキレス腱からふくらはぎの辺り
の向かい側に位置するクロアチアでした。
賞味4日という短い旅でしたが、

エメラルドグリーンの海と、オレンジ(レンガ)色の屋根、青い空
b0105201_5553192.jpg


この先何があるのだろうとわくわくさせる路地が入り組んだ迷路のような街
b0105201_21531135.jpg


その他、海の幸、路上の猫、犬、現地人間観察(笑)を楽しんできました。
のんびりとUpしていきます。
[PR]
by glueck-ss | 2007-05-20 22:02 | -クロアチア