<   2011年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

日常の非日常

もう梅雨入りだそうで・・
お日様のもと思いきり洗濯物やお布団を干したいな・・。

さて、五月晴れだったGWは第2の故郷、ドイツで過ごしました。
暮らした場所に行き、旧知の人々に会う一週間、
私の過去の日常が今となっては非日常の旅、休暇。
リフレッシュしたけれども、同時に不思議な、感傷的な気持ちにもなりました。

ドイツ滞在当初4年くらいは車はなく、電車が移動の足でした。
こんな車内、車窓の風景も今は特別な景色に。
b0105201_13114167.jpg

春の典型的な風景、緑の草原に、菜の花の黄色が広がります。
b0105201_1312373.jpg

懐かしいホームステイ先の駅が近づいてくると見える教会。
b0105201_13122283.jpg


懐かしいおうち。
[PR]
by glueck-ss | 2011-05-31 18:33 | ドイツ

東京の奥座敷

GWは懐かしい場所で懐かしい時間を過ごしてきました。
それについてはまた今度。

4月の週末は3週連続、山に行っていました。
第3週目は「ここが東京?」と思う程、自然たっぷりな奥多摩へ。
この日は山経験豊富なWさんがご一緒なので行程お任せ、安心して楽しく歩けました。

9:20 御岳登山ケーブル・御岳山駅(830m)-9:50 御岳山(929m)
-芥場峠-12:00 大岳山(1267m)-14:10 鋸山(1109m)
-天地山(981m)-16:50 もえぎの湯-18:30 奥多摩駅

JR御嶽駅からバスでケーブルカー乗り場に行き、一気にケーブルカーで
標高830mまで上がったので、楽々~!
と、思ったけど、後半下りは、下ったと思ったら、
また上りがあり、と地味~に脚に疲れがきました。

JR御嶽駅
b0105201_15315335.jpg

御岳神社への参道。
奥多摩はワサビが名物とは知りませんでした。生ワサビが店頭に並んでいました。
この参道で外国人2名とすれ違い、店員さんとの会話を耳にしたところ、
1人は何度かここに訪れているようでした。
その後、鋸山山頂でドイツ人女性にも出会いました。
19年日本に住んでいるそうで、この辺りには何度も歩きに来ているとのこと。
東京ながら自然たっぷりの奥多摩は近場の癒しの場所のようですね。
b0105201_15342780.jpg

御嶽神社の狛犬。飛行機雲も綺麗に見える良いお天気でした。
b0105201_15344588.jpg

大岳山山頂。
この日の眺望はかすみんでいましたが、富士山がうっすら見えました。
b0105201_1544555.jpg

行程最後にあった急な階段。上りじゃなくって良かった・・・・・。
b0105201_15441858.jpg

奥多摩駅
b0105201_15443010.jpg

こうやって振り返ると、道中の写真があまり無いなあ・・・。

道中の写真は無いけれど、お花は少しだけ撮りました。
山ツツジ。もう少し遅い時期に行けば満開だったでしょう。
b0105201_15463917.jpg

キブシ
b0105201_15472335.jpg

奥多摩のサクラの開花時期は都心部より遅く、サクラも楽しめました。
あるお宅の庭にあった一本の木に二色の花が咲く源平桃。
b0105201_1671190.jpg

二色の花びらをもつお花もありました。
b0105201_1672797.jpg

これ以外にもカタクリ、ヤマブキ等の花も見ることができました。

おまけは、花ではないけれど、ミミガタテンナンショウ。
b0105201_15481016.jpg

不気味で決して綺麗とはいえなけれど、目をひいたので調べてみました。
この花びらのような部分は仏炎苞といい、サトイモカの植物の特徴だそうです。
-備忘録としてWikipediaより抜粋-
サトイモ科の植物では、多くの場合、苞が単純な葉の形ではなく、花の穂を
包むような形になって、特別な色を持ち、目立つものが多い。
言わば、花びらの役割を担っている。このような苞を仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ぶ。
仏炎苞の袋状の部分を筒部、筒部の上部で長い舌のように伸びる部分を舷部と呼ぶ。
このような構造を取る理由としては、花に寄ってくる昆虫を内部に閉じ込めることで、
滞在時間を長くして受粉の確率を高めていると考えられる。
[PR]
by glueck-ss | 2011-05-09 21:06 | 日本で歩く