<   2010年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

山奥の温泉を求めて

先週末は、旅先アイスランドで知り合ったtootickysさん
ある温泉小屋を目指して歩いてきました。
そこは、最低でも2時間は自分の足で歩かなければ到着できないと言われる温泉。
那須岳ロープウェーで1390mまで登り、その後は歩きのコース。
二人の日頃の行いが良いせいか(?)、良いお天気に恵まれ、
思いがけず紅葉も愛でることができました。

<私の備忘録>
1日目 10:45黒磯駅到着-10:55発バス-12:00過ぎロープウェイ口着
12:30頃 那須岳山頂駅-茶臼岳-峠の茶屋跡-沼原分岐-
16:00過ぎ大黒屋到着

2日目 8:00 大黒屋出発-隠居倉-熊見曽根東端-11:00過ぎ 三本槍-
朝日岳-峠の茶屋跡-15:00過ぎ 那須ロープウェイ口到着

ではロープウェー・山頂駅を下りたところから出発~!
茶臼岳は活火山で、噴煙もところどころあがっており、
歩く道も岩が転がっていたり、砂利道で荒々しいイメージ。
b0105201_15263341.jpg

一つ目のピーク(茶臼岳1690m)に達したと思ったら、せっかく登ったのに今度は下り。
(写真の真ん中左寄りにある峠の茶屋跡を目指します)
b0105201_15334497.jpg

峠の茶屋跡からは、急な砂利道を下り、その後は↓の木立の中を歩きます。
まだ赤い葉を残した木もあれば、葉が散ってしまった岳樺も。
「枯れ木も山の賑わい」といいますが、この樺の白がまた風情ある
山の景色にしてくれていました。
b0105201_15362195.jpg

木立の中を歩き、ふと後ろを振り返ると、さっきまで頂上に居た茶臼岳が。
(一番右の山)
b0105201_15381168.jpg

足元を見れば、赤や黄色の枯葉や、ビロードのような緑の苔。
b0105201_15461886.jpg

b0105201_15481028.jpg

岩肌、紅葉、枯れ木の山肌、枯葉と変化に富んだ景色、
さらに落ち葉を踏む音や、落ち葉の匂いも楽しめる温泉までの道のりでした。

<続く>
[PR]
by glueck-ss | 2010-10-30 15:03 | 日本で歩く

アルプスへ!

帰国して初めての「散歩」カテゴリ投稿です。

鰻、中華+豚饅、水炊き餃子、と三連夜外食、飽食な日々。
でもお天気は雨で予定していたテニス、プチ登山は中止で、
プラマイゼロの予定が、カロリー摂取・プラスの三乗・・・・。

日々の時間軸の余裕の無さでちょっとストレス溜まってきていて、
そんな日常からも逃げ出したくって、体を動かすべく
早起きして「アルプス」目指してきました。
といっても、我が家から電車で40分程度のところ。

朝早く行かないと、人、人、人、とまたまたストレスフルな観光地ですが、
思っていた以上に我が家から簡単に行けるので、嬉しいです。

ハイキングコーススタート地点の建長寺
b0105201_1640180.jpg

お寺を抜けると、いきなり起伏激しい階段が続き、
上りきると天狗様が「良く来たな」とお出迎え。
b0105201_16402596.jpg

眼下にはスタート地点だった「建長寺」境内が見え、
b0105201_164465.jpg

更に先を見渡せば、ヨーロッパのアルプスでは見られない風景、「海だ~」
b0105201_16412421.jpg

また、横浜のビル群も見えます。
b0105201_16484793.jpg

そして日本に帰国してから初めて、やっと、頭だけですが
富士山を拝むことができました。
b0105201_16422669.jpg


その後は起伏激しく、また岩場、木の根が剥き出た路面と思っていたよりも
足場は不安定で(さらに雨天後だったので滑りやすい)、登山気分を楽しめました。
そうはいっても・・・・こちらのアルプスの最高峰は
b0105201_16524054.jpg

(消えかかっていますが)たったの158mでした(~_~)

鎌倉の北側に連なる低山が「鎌倉アルプス」と呼ばれているそうです。
暫くはこのアルプスが私の庭になるかなあ。
ちなみに私が歩いたのは、ガイドブックにも良く載っている「天園コース」、
6キロ程度、2時間のお散歩でした。
(リフレッシュできたので、久しぶりに写真掲載、投稿する気持ちの余裕ができました~)
[PR]
by glueck-ss | 2010-10-11 16:42 | 日本で歩く

Der Herr Jazz

先日、日本で久しぶりに運転しました。
実家から我が家まで、ディズニーランドを横目にし、ベイブリッジを通って約1時間のドライブ。
ほぼ高速のみ、車線変更もほとんどする必要が無く簡単な運転でしたが、
交差点で右斜線に曲がりそうにはなりました・・・・
あと、減速する際にどうしても右手がギアを探してしまいます^_^;
そうはいっても、今はもうマニュアル車の運転も不安だなあ。

さて、私のドイツでの愛車2代目、私は「Jazz夫」と男性形としていましたが、
やっぱり、次オーナーも男性形で呼んでいました!

次オーナーが車両登録書替後、私のナンバープレートを記念に送ってくれました。
(正確には、虎ママさん宅に送られ、それをnontaさんが
ハンドキャリーして下さいました、多謝!)

ナンバープレートを受領したので、お礼のメールを次オーナーに送ったところ

「お便り有難う!私達も元気ですし、あなたの旧友、あのDer Herr Jazz(=Mr.Jazz)も元気です。
水曜日に娘を迎えにJazzでオランダまで行きました。あなたから彼を購入して本当に
良かったと思います。そしてこれからも何年も彼と楽しい日々を過ごすでしょう。
それではお元気で」

同じく愛車を擬人化して表現されていて、嬉しいお便りを頂きました001.gif

あ~運転したいなあ(広い道路に限るけれど)
[PR]
by glueck-ss | 2010-10-04 21:22 | クルマ