カテゴリ:日本( 13 )

久々の&初の・・・

6月中旬に引き渡した引越し荷物が、やっと来週実家に届きます。
全ての物は新しい部屋には入りきらないので、選別して持ってくる予定。
これで手作り食器での食事が楽しめます(^^)

さて、このお部屋に引っ越して約1ヶ月、ある程度落ち着いてくると、体がうずうず・・・。
暑い毎日が続くものの、久しぶりにテニスして体を動かしたい!

ということで、テニスを出来る場を探しに昨日は2時間x2、計4時間テニスしてきました。
プレー場所は洋館立ち並ぶお洒落な地域の中にある山手公園と、
サッカースタジアムもある三ツ沢公園。
(Mitsaさん、本当にワンコ散歩している人が多かったです!)

最初の2時間は太陽サンサンと照りつける真昼間、休み休み(半分以上休んでた?)
プレーしたのでなんとか熱中症にならず過ごせました。
次の2時間は夕方から。こちらはある程度涼しくなり気温的には楽でしたが、
蚊と灯りに誘われて落ちてくるセミとの闘いでした(>_<)

そして、「初の」とは、あまりにテニスで疲れ、夕飯作る元気がなく、
初めてコンビニで出来合い品を買ってしまいました。
疲れて時間の無い時くらいは利用してもいいのかな・・・

来週末は、とある同窓会が予定されているので
それを楽しみにまた1週間頑張ろうっと。
[PR]
by glueck-ss | 2010-08-22 08:20 | 日本

100均通い

もう、100均一に何度通って、どれだけの物がこの部屋にあるだろうか・・・・。
本当に便利です。

カーテンレールも雨戸もないキッチン脇の窓。
明るくていいのですが、夏は日差しが暑く、
また朝方、陽が上がってくると1Rの部屋なので、寝ているとまぶしい。

どうにかしようと、100均で突っ張り棒とクリップ型のカーテンレールを購入。
偶然にも手ぬぐいの長さと、窓の大きさ(縦)が同じ、
手持ちの手ぬぐいで済ませたので、色合い揃ってなく見た目イマイチですが、
機能的には即席カーテン出来上がり、210円也~。
b0105201_162142.jpg
b0105201_1622673.jpg

[PR]
by glueck-ss | 2010-08-08 16:07 | 日本

朝の戦い・・・

時が経つのは早いもので、
日本に戻って約1ヶ月、勤務開始して約半月経ちました。

実家から東京を越えて他県への通勤は、電車で2時間・・・
車で15分だった私にはつらいもので・・・。

途中駅で始発電車に乗り換え、運が良ければ1時間程は座れます。

運が良ければというよりも、自分の努力?次第=朝の座席確保戦いに
積極的に参加すれば、かなり高い確率で座れるんでしょうけどね・・・。

でも、まだどうしても、ドアが開いた瞬間に、どの人の流れが早いかを判断し、
車内に入った直後に目指す座席へのダッシュ、というのができないのです・・・。
できない、というか、朝からそんな荒立った気持ちになりたくない、というのが正直なところ。

そんなトロトロした私でも、確実に空席が目の前にあった、先日。
「あ、今日はダッシュしなくても座れる♪」と座ろうとしたら、
目の前の席を、すっと脇から奪われました。

「何を~!!」と思ってみたら、有名私立中の鞄を持った中学生の男の子、
何事もなかったように涼しい顔して、本を開いてました。

せかせかしている日本、それくらいのすばしっこさと、厚いお顔の皮がないと
上手く世間を渡っていけないのかしらね。

でも、レディファーストということもちょっとは身につけて欲しいなあ・・・なんて。

そんな、2時間通勤もあと4日で終わり。
今後は座ることは無理だけど、乗車時間は20分に大幅減少です!
ということで、次回の更新は新居から?
[PR]
by glueck-ss | 2010-07-19 09:38 | 日本

日本の夏-花火

朝晩10度前後にまで気温が下がるようになり、紅葉する前に
落ち葉になってしまっている木々も見られる今日この頃。
あの暑い日本の夏は遠い昔のことのよう・・・。
ということで今日で日本の夏の記事はおしまいにしましょう。

蒸し暑い~から避けたい日本の夏ですが、唯一恋しいのが「花火」。
ドイツでも時々花火があがりますが、頻繁にはないし、規模も違うし・・・
それとも、単に私の自国びいきなのかな、やっぱり日本の花火が一番だと思う。

ひゅるひゅるひゅる~っ」とあがって「~んっ」と開く花火に
盆踊りの音楽に歌声、これも「日本の夏」の音ですね。

私が一番好きな花火はカラフルではなく単色の「しだれ柳」。
たかーくたかーくあがって、どっか~んと大きく開いて、
長ーい枝がはらはらとおりてきて、最後にはキラキラと光が消えていく、
あの花火が大好きです。
でも大きいからやっぱり(値段が)高いのでしょうか、地元の小さな花火大会では
なかなか見られなかったのが残念。

三脚無しでは、なかなか花火を撮影するのは難しいですね・・・・
b0105201_3265866.jpg

b0105201_3244111.jpg

b0105201_325546.jpg


写真を見ていたら、ちょっとだけ蒸し暑い日本の夏が恋しくなってきた、
来年はどこの花火大会を観ることができるかな~?
[PR]
by glueck-ss | 2009-09-23 21:31 | 日本

日本の夏-避暑地編

人生後退しないよう、日々一歩でも前進するようにと、
自分に言い聞かせる意味でこのブログのタイトルを
「一日一歩」としましたが、健康には「一日・一万歩」です034.gif

歩数を確認できるものがあれば、歩くことを心がけるだろうと思い
実家にあった万歩計を持って帰ってきました。
月~金は車通勤で3000歩から4000歩程度しか歩かないので、
休日の日曜、1万歩目指してお散歩してきました。
b0105201_23362154.jpg


いつものお散歩ルートを歩くと、ちょうど1万歩程度でした。
今日はなんとバンビ(子鹿)を見かけました。
「何かいいことあるかな~(^^♪」などと喜んでいたら、
その直後に道路を這う黄色の毛虫に遭遇、
「ほんわかと暖かい、小さな幸せ気分」があっという間に
「ぞわぞわ~っした悪寒」に変わってしまいました(>_<)

さて、本題に。
b0105201_451075.jpg

こちらは、栃木県日光市、中禅寺湖畔にある「旧イタリア大使館別荘」。
落ち着いた雰囲気、建て構えで、自然に調和しつつ、
品のある和洋折衷のこの建物、とても気に入りました。
内外とも杉の木の皮で装飾されていて、このパターン模様がまた素敵でした。

b0105201_23445867.jpg

さらに、「いつかは縁側かサンスペースのある家に住みたいな~」
と思っている私にはこの広縁、しかも湖に面していて、羨ましい限り。
夏には波の音を聞きながら湖畔からの涼しい風を浴びて、
冬は太陽の光を浴びて、本を読んだり、お茶飲んだり、
お昼寝したり、気持ちが良いだろうな~
b0105201_23452469.jpg

館内には無料の冷たい麦茶か温かいお茶が用意されているので
それを頂きながら、広縁のソファや椅子に座って湖畔を眺めてのんびりすることができ、
ほんの少しの間だけ「優雅な別荘族」になれますよ^^;
(ちなみに入館料はありませんが、寄付金として100円程度が募られています)

杉皮張りの天井
b0105201_2352164.jpg

b0105201_23524275.jpg

[PR]
by glueck-ss | 2009-09-14 04:10 | 日本

日本の夏-「ほ~っ」と感嘆編

「君はアルコールを飲んでもいい年齢かい?」

ドイツの兄・姉である虎ママさん・猪之助さんご夫婦と一緒に行ったワイン屋にて。
こんな発言が店長らしきお爺ちゃんから、ワインを舐めている私に発せられました。

ちなみに、ドイツでアルコール飲んでも良い年齢は16歳からです。
いくらーなんでも15歳とは「若く見られて嬉しい!」なんて思えない、いや悲しい・・・。

「僕らをGlueckの両親と思ったのかね?(笑)」と猪之助さん。
そんな、おこがましいことはこれっぽっちも考えませんでした、
お二人は私にとって兄と姉です!

さて、本題に。
こちら日本にて、一体何の画面でしょう?
b0105201_18203722.jpg


一時帰国時には必ず開催してもらう幼馴染4人会@居酒屋にて。
b0105201_18234710.jpg

個室から「オーダーお願いします!」と人を呼んで、来てくれるのを待たずとも
タッチパネルでオーダーが出来るんですね~、いや~便利!!

最初のパネルにあるように、お水やらお茶やら
無料のサービス品も注文できるんです。

「ほぉ~っ!」と最後にまたまた感嘆。
どれだけ注文したか金額も確認できるし、割り勘の場合も計算してくれます。
b0105201_18255551.jpg


さすが、ニッポン、便利だわ!

(日本国外から「日本は高い」と思われているようですが、いやいや、安い!
外食産業は満足度の面から言ってもドイツより日本の方がお得だと思う。
あんなの、こんなの、と食べ・飲みに色々な選択がある居酒屋文化、万歳(^^♪)
[PR]
by glueck-ss | 2009-09-07 19:48 | 日本

9年ぶりの

19日(水)の夕方から夏休み@日本です。

実は日本の夏は9年ぶり。
日本へ飛ぶ前は「気温の高さ、湿気の多さ」が想像できず、
「息できるだろうか・・・・」なんて大袈裟に不安に思っていましたが、
水曜は思ったよりも湿気はなく、また吹く風は涼しく、到着した晩は
疲れたこともあり、冷房をつけずにぐっすり眠ることができました。

「盛夏も過ぎたかな、この程度なら楽勝」なんて思っていたら
やっぱり湿気が昨日金曜辺りから戻ってきて・・・・。
あっついです・・・・。夏バテ気味か、購入意欲も食欲もあまりわかず・・・

暑さと共に不安に思っていたのが屋内、電車の冷房の強さ。
でも、車内等は省エネ、温暖化防止の為?でしょうか_??
以前程、がんがんに冷やしている感じがしませんでした。

さて9年ぶりの日本の夏、暑さと共に「お~久しぶり!」と思ったのが
「ミーンミンミンミーン」という蝉の鳴き声。
ドイツにはいないので、真夏!を実感。
ヒグラシの「カナカナカナカナ~」が聞こえればいいのになあ。

そして選挙前ですね、選挙カーのウグイス嬢の声があちこちで五月蠅い賑やかです。

こんな立候補者はXだ!
[PR]
by glueck-ss | 2009-08-22 16:35 | 日本

これなくして日本滞在は成り立ちません

まだ10月の日本滞在記終わっていなかったのですよ・・・・。

日本に帰ってまず何が楽しみって、実家の湯船につかること。
そしてそれ以上に本当の温泉に行くこと。
これを欠かしたら、後ろ髪ひかれひかれで、再びドイツへ旅立つことはできません。

似非登山をした後の楽しみはもちろん温泉!でした。
とはいえ行き先は全く決めておらず、「鄙びた良い雰囲気の秘湯らしい」という同行者の
イメージと地図をもとに、ある地に車を走らせました。
そこには数件の旅館しかなく、しかも予算にかなうのはただ1件。
電話をかけ「部屋はありません」という返事だったにもかかわらず、
その温泉に入りたい、という気持ちだけで現地まで車を走らせ
実際にその旅館に「泊れますか?」としつこく飛び込み宿泊させてもらったのでした。

その旅館はこの街道の終点にありました。
b0105201_3455911.jpg

実際に旅館辿り着いた頃は19時過ぎ。この街道には街灯もなく真っ暗で、怖かった~。
しかも野生の鹿が急に出てきたものだから、彼らの目が光っててこれまた驚いた~。
ここは八ヶ岳登山起点ともなっています。
b0105201_3465712.jpg

武田信玄の秘湯だったという渋御殿湯。
b0105201_3484558.jpg

イメージに抱いていた本当に古びた良い感じの温泉でした。
この旅館には2つの御風呂場があり、こちらの御風呂場は石鹸等使用禁止
b0105201_3505347.jpg

b0105201_3512089.jpg

2種類の源泉があり、それぞれ源泉のままの温度(そのままで入るには「冷たい~!」
のと「うーんぬるいな」といった温度でした)湯船が一つずつと、加温した湯船が
もう一つの計3つの湯船がありました。
女湯・男湯との間の天井は開いており「おとうさん、もう出る~?」なんて
ご夫婦の会話がお風呂に入りながらできる、ほのぼのとした温泉でした。

夜と朝食前、朝食後としっかりと御風呂に浸りました(^^♪
あー、あの温泉効果のあったイキイキお肌はいずこへ・・・・・。
[PR]
by glueck-ss | 2007-12-12 03:55 | 日本

早起きは三文の得

夜の8時にお布団に入り、吹き荒れる外の風音、合い部の方のいびきへの音対策には
耳栓をし、暖房のないお部屋での防寒対策にはフリースを着て、アンダーも履いて、
羽毛の寝袋にもぐりこみ、その上にさらに羽毛布団・毛布をかけてと。
幸い同部屋の方々は「息しているの?」というくらい静かで、寒さも、ばっちり防寒対策の
おかげで、逆に寝汗をかくほど暑く、ぐーっすり眠ることができました。

朝の5時頃には合部屋の方々が目を覚まし、その音で私も目を覚ましました。
(8時に寝たのに、まだ眠り続けていた私もある意味すごい・・・・)
窓の外は明るくなりだしており、「今日のお天気は?」と窓の外の景色を見たくとも
前面白く凍っており見えず、また窓を開けようとしても凍りついており、
開けることができませんでした。

それでは、と早速カメラを持って、朝日を拝みに厚着をして外へ出てみました。
うっすらと空が明るくなってきました。
b0105201_543968.jpg

強風の中待っていると、南アルプス方面から太陽が顔を出し始めました。
b0105201_582791.jpg

太陽が登るのは早いのですね、顔が見え出したと思ったら、ずんずんと登ってきました。
山がピンク色に染まり、早起きした甲斐がありました。
b0105201_5113160.jpg

強風の中寒さを堪えてご来光を待っていましたが、太陽様様!日差しを浴びて、
ほのかに暖かさを体に感じました。

朝焼けの空の中に、ニッポンの山、富士山も見えました!
b0105201_5153011.jpg


と、尊い山なのに、掌にのせて遊んでみました(^^♪
(もうちょっと手を上にすべきだったか・・・)
b0105201_5165634.jpg

[PR]
by glueck-ss | 2007-11-21 05:17 | 日本

中央アルプスに行きました

さて、こんな引き伸ばす必要もなかったのですが、
正解は中央アルプス(木曽山脈ともいう)の駒ケ岳・宝剣岳(長野県)に行ってきました。

ドイツに来てから、ハイキング、山登りの楽しさを知ったので、
実は日本で登山はしたことがありませんでした。
一度は日本の山に行って見たいと思っており、今回は、
衰えている体力も考慮して2612mの千畳敷まで
一気にロープウェイで登れてしまう、駒ケ岳に行くことになりました。
(登山したとは言えないです、山へ行ってきた、が正しい表現です)

お花畑や紅葉が綺麗なことで有名な千畳敷ですが、残念ながら既に
紅葉シーズンは終わっていました。
ロープウェーで千畳敷まで上がった直後は、こんな青空が見えていましたが、
b0105201_662692.jpg

この上にある山荘を目指して200mちょっと登った頃には吹雪始めました。

左がその登った当日の写真。ちなみに右が次の日に同じ場所で撮った写真。
b0105201_693257.jpg

山の天気は変わりやすいとはいいますが、まさにその通り。
甘く見てはいけません。

ロープウェーの駅からその日の宿の「宝剣山荘」までは1時間もかからない
距離にあり、昼過ぎ2時頃にはもう山荘に到着してしまいました。
(↑の↑の写真の中央左側にあるとんがった山の裏側辺りが山荘)
晴れていれば荷物を置いて周囲を散策予定でしたが、吹雪いていたので
それもできず、山荘内でひたすら時間をつぶすことに・・・。
とりあえずコッヒェルでお湯をわかしコーヒーを飲みおやつタイム、
その後置いてある雑誌を読み、そして早めのご飯を用意し、
と無理矢理時間をつぶし、「せっかく山に来たのに~(>_<)」と思いながら
過ごした長い長い午後でした。

そして夜8時の消灯時間には、6人相部屋の寒い寒いお部屋で、
次の日の好天を祈って眠りについたのでした。

こちらが、次の日に撮った「宝剣山荘」
b0105201_6211376.jpg

[PR]
by glueck-ss | 2007-11-15 06:49 | 日本