カテゴリ:-フィン・ラップランド(冬)( 5 )

肝心のオーロラは

昨年末の旅行記書きかけのまま、2012年も1/3終わってしまいました・・・。

肝心のオーロラ報告をせず「もったいぶって・・・」というメールも頂きました(^^ゞ

結論から言うと、観測しに行った3晩とも”オーロラ”は観えました072.gif
一般的な写真にあるような、大きなカーテンのような大規模なのものではなかったものの、
それでも緑色の波打つ光を数秒間目にでき興奮しました~。

まず見える第一条件は空がクリアなこと=晴天で、満点の星が見えていること。
また気温が高く、地表から水蒸気が上がってしまうと見えません。

私達が滞在した頃は、幸か不幸か異常な程暖かく、北極圏なのに
気温が日中0度前後、夜でもマイナス5度位でした。
凍えながらのオーロラ観測を覚悟していたのに、体感的には楽々観測。
でも、その為◎のオーロラは観測できず・・・・残念
(満点の星は素晴らしかったです!!)

次にオーロラかどうかの判断方法。
雲かな?町の明かりが反射しているのかな?と思うような白いものが空に
あったらまずはデジカメで写してみると、それがオーロラか否かが判明できるそう。
実際にぼーんやり見えたオーロラも、性能の良いカメラで写すと、
私達が思い描くようなカーテンのようなオーロラに見えていました。
露出30秒、三脚は必須のようです、オーロラ撮影をなめていた
私のカメラでは全く写らず(>_<)
(あと、カメラに対する寒さ対策も本来は重要なそうで・・・
全く下調べ、前準備をしていなかっ私です。。。)

今回の投稿は写真が無く寂しいので、サーリセルカの教会写真を。
正面がガラス張りになっていて、外の木々が額縁の景色のように見え素敵でした。
b0105201_17235495.jpg


オーロラ観測方法
[PR]
by glueck-ss | 2012-04-22 21:00 | -フィン・ラップランド(冬)

雪の中のアクティビティ③

3日目は午前中にカウニスパの丘というスキー場のある丘に行き、
b0105201_16381041.jpg

頂上のレストランで葉書書き&ホットワインでのんびり・ぬくぬくタイム。
(外は薄暗いですが朝の10時過ぎです)
b0105201_16382313.jpg

午後はホテル近くの国立公園でスノーシューハイキング。
b0105201_21338.jpg

13時頃ですが空はこんな感じ。
b0105201_1640328.jpg

そして時間が経つに連れて、空の色は朝焼け?夕焼け?のような濃いピンク色に。
b0105201_16405817.jpg

ガイドさんにフランス人女性1名、日本人4名でしたが、ガイドさんと仏人女性が
「歩け歩け大会」のようにひたすら歩き進むので、道中の写真はあまり撮れませんでした^^;

サーリセルカを次の日に発つので、歩いた後はお土産探し。
せっかくフィンランド来たのだから欲しいなあと思っていたククサ
(白樺のこぶをくりぬいて作ったマグカップ)を購入。
ククサは自分で購入するのではなく、贈り物で頂くと幸せがおとずれるとのこと。
ということで、moさんとお互いにプレゼントし合あったということに(^^ゞ
側面に名前、底には日にちを入れてもらいました。
b0105201_22102477.jpg

b0105201_22135529.jpg

因みに新品は高いので、セカンドハンドを購入。
その為私のククサは丸型の修理した跡がありますが、
これも良い味があって気に入ってます(^_^)
b0105201_22125324.jpg

[PR]
by glueck-ss | 2012-03-15 23:09 | -フィン・ラップランド(冬)

雪の中ノアクティビティ②

次の日の雪の中のアクティビティは「Learn Wildness Skills」
(といっても、メインはスノーモービル。)

防寒服とブーツとヘルメットを装着し、数分のInstruction後、あっという間に出発。
最初はmoさんに運転手をお願いし、私は後部座席へ。
b0105201_21441174.jpg

夏もロシアは「すぐそこ」と感じましたが、こちらも国境はすぐそこ、でした。
b0105201_21451970.jpg

(それにしても夏はロシア東端、冬は西端・・・広いなあ)

30分位のドライブ後、湖畔の小屋でランチタイム。
b0105201_21543134.jpg

と、その前に、お湯を沸かす為に湖から水を確保。
ガイドさんが、「こうやって氷に穴を空けて」
b0105201_21514161.jpg

「小型斧で氷をかき出し、やかんに水をくみます」
b0105201_21515481.jpg

「火を起こす場合、落ちている枝をささがきのように裂け目を入れると
火がつきやすい」
b0105201_21561275.jpg

この辺りが一応「Learn Wildness Skills」かな^^;

ランチは暖かいサーモンクリームスープに、コーヒーとクリスマスのお菓子。
(ベリーがのったデニッシュのようなお菓子)
b0105201_2158868.jpg

お腹も、体も温まり帰路につきますが、今度は私が運転に挑戦。
が・・・、ハンドルさばき、力の入れ具合が下手なんでしょうね、
重くてハンドルが思うように操作できず、10分程度でGive Up007.gif
あの時は腕がパンパンで泣きそうだったけど、今思えば途中で諦めたこと
ちょっと悔しいなあ・・・

ちなみにこのツアーは、私達とブラジル人若夫婦と二組だけ。
お陰でのんびりと皆でお話することができました。
ブラジル人ご夫婦は1ヶ月間のHolidayでヨーロッパを周遊しているそう、羨ましい~。
そして、ガイドさんはベルギー人で、サーリセルカがとても気に入り
冬の間だけ(毎年5年ほど)ここでガイドをしているとのこと。
ガイドさんも新婚さんだそうで、「あさってにmy wife(イギリス人)が来るから
嬉しいんだ016.gif」と自分からお惚気話してくれ、ほのぼのとしたツアーでした。
[PR]
by glueck-ss | 2012-02-23 21:57 | -フィン・ラップランド(冬)

雪の中のアクティビティ①

まずは初日は大好きなワンコに会いに。
b0105201_217465.jpg

2007年にロバニエミで看板を見て以来、訪れてみたかった「ハスキーファーム」、
サーリセルカにもありました。

正直なところ、ワンコと触れ合えれば充分だったのですが、
犬ぞりのマッシャー(操縦)と積荷役(?)の両方を体験してきました。
b0105201_21104871.jpg

6頭の犬で、一番前の左の犬がリーダー役だそうです。
走る前からずーっと吠え続けているワンコ達、「早く思い切り走らせろ~」
と言っているかのようでした。

でも、決まったコースを数台の犬ぞりが並んで行くので前が詰まったり・・・
でのろのろなスピード。
思い切り走ることができないので、互いの犬が繋がっている綱がたるんで絡まったり・・・
気温も0度程度(平年なら-20℃位)で、ハスキーにとっては暖かく
ワン達にとってはバテてしまう日だったそうです。

ちなみに操縦は、決まったコースを走っているのと
前のソリが遅いと詰まってしまいスピード出せない為、
すぐに誰でも出来る程度です。
ただ、スピードを落とす為に必死でブレーキを踏んでいることが大変だったかな。

観光者が楽しむ為のアクティビティ・・・・
何だかこういうことで楽しんでいていいのだろうか・・・・
犬達が可愛そうになってしまいました007.gif

それでも走り終わった後にワンコ達と接すると
そんなことはすっかり忘れる単細胞な私・・・。
こちらがお気に入りのワンコ。目の周り黒丸がカワイイ016.gif
b0105201_21195266.jpg


最後はマッカラ(串に刺して暖炉の火で焼くソーセージ)と暖かい甘い紅茶で
この日の日中のアクティビティは終了~
b0105201_21253451.jpg

ちなみに、マッシャー体験は北海道でも出来るようですね。
[PR]
by glueck-ss | 2012-02-09 21:55 | -フィン・ラップランド(冬)

長年の夢を果たしに

新年早々運気が上昇中?と思っていたけれど、
縁結びのお守りを入手して1週間で落とした・・・(>_<)
優しい友人は「悪い運気をお守りが身代わりになって持って行ってくれたんだよ」と。
Positive Thinking大切にします^_^;

さて、年末の旅備忘録をのんびり開始。
行き先はフィンランドの北極圏にあるサーリセルカ。
(赤丸は2007年に行ったキルピスヤルビ)
b0105201_9461973.gif

メインの目的はオーロラ。
候補地はフィンランド以外にもノルウェー、スウェーデン、カナダとはあるけれど、
一度訪れた国で何となく安心感がある、ヘルシンキを再訪したい、
お得なスケルトンツアーがあったという理由からこの地に決定。
旅友は夏に続き、また前回ノフィン旅行も一緒にしたmoさん。

成田から直行で10時間弱+ヘルシンキ乗継1時間半で現地へ。
(10時間以上のフライトは最後の1,2時間がつらいので、
”日本から一番近いヨーロッパ”と謳うだけあり、楽なフライトだったなあ。)
b0105201_9451928.jpg


12月23日:成田→ヘルシンキ→サーリセルカ
12月24日-26日:サーリセルカ
12月27日:サーリセルカ→ヘルシンキ
12月28日:ヘルシンキ
12月29日:ヘルシンキ→成田

サーリセルカのホテルのお部屋で待っていたのは・・・
(でも「9Euro」と値札がついていたので、Take him homeせず)
b0105201_10103968.jpg

そうでした、クリスマス、そしてサンタの国でした。
TV番組の司会が、サンタらしいサンタさん♪
b0105201_101418.jpg

クリスマスといえば、2年前にドイツでmoさんと「次回のクリスマスは私達2人だけでなく、
4人でね」なんて言っていたのに^^;

次回はサーリセルカでのアクティビティについて。
[PR]
by glueck-ss | 2012-02-02 20:43 | -フィン・ラップランド(冬)