カテゴリ:-クロアチア( 14 )

クロアチア人の性格

クロアチア旅行記を完結させたのですが、クロアチア人同僚から
クロアチア人の性格についての面白い話を聞いたのでご紹介。

クロアチア人はとにかくおしゃべり、語るのが大好きなそうです。
大袈裟な例えですが、一つのテーブルに6人座っていたとしたら、
6人がそれぞれ同時に話し出すくらい。
例え、相手の話に耳を傾けたとしても、話の先が見えたら
「今度は俺の話を聞け」とばかりに聞くのを止め自分が話し出すそうです。
お互いに、自分の話を聞いてくれる人を目で探しながら、話をするんですって。

ドイツ人同僚がそれを聞いていて「ドイツとは全く違うね、ドイツならば
一人が話していれば、皆がそれを聞くもの」と言っていましたが
いや、ドイツも同じテーブル内でも話があっちとこっちで入り組んでいることよくあるけど・・・

いずれにせよ私はもともと聞き役なほうだから、一言も発することができないです(>_<)
[PR]
by glueck-ss | 2007-07-07 04:51 | -クロアチア

クロアチア-完結編

今日になって左頬が少しだけ宍戸錠です・・・。

Rijekaで長い一日を過ごし、早めに行ってRijeka空港でお店をひやかし
レストランで夕飯を取ろう、などと考えて行ってみると・・・・。
売店など全く無く、一軒だけ軽食を扱うバーがあるのみでした。
Rijeka空港をご利用になる皆様、ここでお土産の買い物を済ませようと
期待をしてはいけません。

ここからはジャンルばらばらどうでもいい写真集。

こちらRijekaのバスターミナルにて。
街中を走るバスは、新型のバスもあれば、他の国から譲り受けた
のでしょうか、年代物のバスも走っていました。
b0105201_181132.jpg


-自称ビーラーのmo0621さんへ
こちらクロアチアビール。
レストランもお店もないお粗末なRijeka空港で最後に乾杯。
b0105201_18155625.jpg

左は、Duvrobnikで同じ宿に泊まっていた、オーストラリア人(男性3人組、3ヶ月
ほどヨーロッパを旅して周っていた。学生とは思えない年代なのに、そんなに
お休み取れるの~!)におごってもらったビール。
お味はどれもエキスポートビアに似たお味でさっぱりごくごくイケました。
b0105201_18162972.jpg


-自称プチ電車男のドリアンさんへ
今回列車には乗っていないですが、旅に出たら是非現地の電車には
乗って見たいと思うプチ電車女。バスターミナルばかり利用していたので
これだけが唯一見かけた電車でした。
b0105201_18223941.jpg


-空写真がお好きと書かれていたあちょ☆さんへ
青い空が本当に印象的だったクロアチアで撮れたお気に入り写真。
b0105201_18252281.jpg


観光施設はほとんど紹介せず、今後クロアチアに行かれる方の観光の参考には
全くなっていなくてすみません。これでクロアチア旅行記は終わりです。

のろのろと5月にいったクロアチア旅行記をUpしていたら、
次の夏期休暇がもう1週間後にせまっていました~。
「かもめ食堂」は見終ったので、とりあえずあの街では「シナモンロール」食べるぞ!
[PR]
by glueck-ss | 2007-07-06 04:27 | -クロアチア

Rijeka-ひたすら時間潰し

最後の晩は、Split22:00発からRijeka朝5:30着の夜行バス内泊。
Rijekaからドイツへ戻るので、Rijekaに行かなければならなかったのですが、
Rijekaは特筆すべき名所が無いせいか、観光客はおらず、乗客は
現地の人がちらほら、車内はガラガラでした。
おかげで一人で二席使用することができ、隣の席へ足を伸ばしL字型に
なって、結構眠ることができました。(こんな時コンパクトな体に感謝)

さて朝5時半に着いてしまい、でも飛行機は夜の20:30・・・・・。
もともとRijekaに「訪れたい、見たい!」という場所は特に無かったので
ただひたすらぶらぶらと手持ち無沙汰な長ーい一日となりました。

まずは、朝食を取り、その後唯一の楽しみ、市場訪問。
旅先では必ず屋内市場、青空市場はチェック!
路上の市場+魚、肉、野菜の屋内マーケットがありました。
b0105201_16415251.jpg

左、野菜マーケットの壁にはとうもろこしや、りんご等のモチーフ、
右、魚マーケットの屋根の上ではタコに捕らわれた魚が。(ちょっと怖い・・・)
b0105201_16555547.jpg

肉マーケットのモチーフははどうも撮り忘れたらしいです。
こちらが肉マーケット内。真ん中吹き抜け2階建てです。
b0105201_1734038.jpg

魚マーケット内はこんな感じ。
b0105201_175492.jpg


魚・魚・さかな~♪
[PR]
by glueck-ss | 2007-07-03 23:53 | -クロアチア

Trogir-番外編

Trogirの旧市街、城壁の外を歩いていると、何やら賑やかな音楽が聞こえ
人だかりが・・・・どうも学校の学芸会?のようです。

とっても可愛い写真が撮れました。
バトントワラーです。まずは高学年の部。民族衣装っぽい赤い衣装が可愛いです。
b0105201_46554.jpg

高学年のお姉さん達は中学生位で、べっぴんさんばっかり。

次はお揃いのピンクのスカート・リボンが可愛い、白いパンツが見えちゃっても
お愛嬌、低学年の部。
b0105201_485336.jpg

低学年の子達も将来有望だろうなと思わせる顔立ちでした。
幼いながらも、赤い口紅をしてもその化粧が浮かないというのは彫りのある顔立ちの故?
目線など下手したら、いや明らかに童顔の私より色気があったかな・・・・^^;

演技披露後、高学年のお姉さん達は衣装から普段着に着替え
赤い衣装はハンガーにかけカバーをし、大切に、またちょっと誇らしげに
それを持って街の中を歩いていました。やっぱりバトン部って人気なのでしょうか。

「パレードの花」に小学生の頃憧れたけど、クラスから1名選抜だったし、
自分のガラではないと、自覚していたのでしょうね、当初から諦め
鼓笛隊に入隊しトランペットを吹いていました。

と、話が飛びました。
時は現在、場所はクロアチアに戻って、こちらは出番待ちの演劇部?
b0105201_4224172.jpg


ここまでの旅程で、美人が多いな、とは思っていたのですが
この可愛い整った顔の女の子達を見て、「やっぱりクロアチアは美人が多い」
と実感したのでした。
そしてこっちの方が大事男性もなかなかイケメン率多かったですよ。

最大ズームにして隠し撮り・・・
[PR]
by glueck-ss | 2007-06-29 03:55 | -クロアチア

半島の町 Trogir

Splitからバスで50分程の街Trogir。
紀元前385年頃、ギリシャの植民地として建設され、中世には敵の侵入を防ぐ為
水路を設けて半島の一部を切り離した島の中に旧市街はあります。

Dubrovnik,Split同様、城壁に囲まれた街。
b0105201_3442069.jpg

雑草が生えて、壊れかけた教会。長い歴史を感じます。
b0105201_452119.jpg

とても頑丈そうな門をくぐり海側の入り口から街の中へ入りました。
(写真は城壁内から海に向かって撮影)
b0105201_482780.jpg

前出の2つの街同様、狭い路地が入り組み、これまたワクワク・ドキドキ(^^♪
b0105201_3451356.jpg


この街のメイン観光場所は入り口の彫刻が素晴らしい大聖堂でしょう。
が、ここでは写真は省かせて頂きます。

ここでもやっぱり
[PR]
by glueck-ss | 2007-06-27 03:40 | -クロアチア

Split-番外編

Splitを訪れることがあったら、この銅像をお忘れなく!

b0105201_35498.jpg


時間を持て余して、何することなくキティと城壁外のこの銅像近くに座っていると
英語のツアー団体が、私達の前で歩みを止め、ガイドさんが何やら説明をし始めました。
どうもこの銅像について説明していたようです。最初は耳を傾けていませんでしたが
「・・・・・・・。この銅像の左足親指に触れると願いが叶います。」との説明だけ
耳に飛び込んできました。
!!!」と私達はすくっと立ち上がり、この銅像の人物が誰だか分からずに親指
撫で撫でしてきました。
何をお願いしてきたか、はもちろんナイショ。
多くの人々の願掛けをお受けしてきたのでしょうね、ピカピカに光っています。
b0105201_3584972.jpg


こういう銅像ってどこでもありますね~。
ブリュッセルにもそんなのあったし、イタリア・ヴェローナのジュリエット像の胸も
ピカピカになっているようだし。

-補足-
クロアチアより戻ってきてインターネットでこの銅像について調べて見ましたが
このお方は10世紀に活躍された「グルグール司教」(ギャグのような名前だ・・)。
作者は「クロアチアのロダン」と呼ばれたイヴァ・メシュトロヴィチだそうです。
「触れると願いが叶う」、ではなく、「幸福が訪れる」が正しいようです。
どっちでもいいから~、御利益ありますように!
[PR]
by glueck-ss | 2007-06-23 04:10 | -クロアチア

Split-上からの眺め

宮殿跡の入り組んだ裏道を散歩して迷子になることはありません、
このカテドラルの塔が目印になるから。
b0105201_2375149.jpg


高い所に登れると知れば、どこでも「登りたい!」と思う私です。
それがたとえ自分の足で歩かなければいけないとしても。
(「xxは高い所が好き」だから・・・・)
キティは「疲れるから下で待っている」と言うので、一人で塔に登ってきました。

階段は下も、外も丸見えです~。
b0105201_2402531.jpg

b0105201_2474917.jpg


青い海が見えた~。
b0105201_2511316.jpg


てっぺんは風が強かった!
[PR]
by glueck-ss | 2007-06-22 03:09 | -クロアチア

宮殿跡の街 Split

Splitの街、メイン観光は、城壁に囲まれた宮殿跡。
もともとは、ローマ皇帝・ディオクレティアヌスが退位後の余生の為に3世紀末に
作られた宮殿。その後廃墟となった宮殿跡を中心に、時代とともに様々な建築物が
建てられ、改築されて形成されていった町全体が観光地。

海側に面した城壁(外側からと内側から)
b0105201_22394817.jpg

b0105201_2242937.jpg


東側の城壁と門(外側・内側から)
b0105201_22554545.jpg


豪華絢爛、しっかりと概観が残っている建築物よりも、朽ちかけて、草が生えてきている
遺跡を見るほうが見ていて楽しいです。
「兵ども夢の跡」ではありませんが、長い歴史の間に起こったことについて
色々と想像力をかきたてられるから。

この街も裏道が入り組んでいました
[PR]
by glueck-ss | 2007-06-17 23:23 | -クロアチア

世界の車窓から~クロアチア編

♪タラ・タッタッタ・ターララ・ターラー・ラ~♪
本日はDubrobnikからSplitへのバスの車窓からの風景をお届けします。

この区間の道路はほぼ海岸沿いに作られていますが、地形が入り組んでいる為、
直線距離にすれば200km強ですが、バス、(料金:132クーナ、約20ユーロ弱)
では4時間半程かかりました。

走り出して1時間程、突然パスポートコントロールでバスが停車しました。
窓の外を見て見るとボスニア・ヘルツエゴビナの国境検問のよう。
勉強不足、知識不足で恥ずかしい限りで、後になって知ったのですが
クロアチア海岸沿いの数キロの部分がボスニア・ヘルツエゴビナ領土となっており
クロアチア領土が途切れているのです。その為、この国に入国・出国しないと
Dubrovnikから北へ、もしくは北からDubrobnikへは進めないのです。

車窓の大半は左手にアドリア海、小さな島々、右手に迫った丘陵地帯といった風景。
b0105201_4114583.jpg

b0105201_4122746.jpg


ところどころオレンジ屋根の教会、家々、ホテルが立ち並ぶ小さな
海岸リゾートの街が現れます。
b0105201_4125920.jpg

b0105201_4133956.jpg


時にデルタ地帯の農村風景も広がりました。
b0105201_4245667.jpg


次回はSplitからの街並みをお届けします。
[PR]
by glueck-ss | 2007-06-11 04:25 | -クロアチア

後悔先に立たず

朝8時からDubrovnikの街を散策し、路地裏まで歩き回った私達。
午後の14時頃には見る場所がなくなってしまいました。
(教会、博物館内をつぶさに見ていれば話は別です)

そこで船で40分ほどで行けるCavtatという半島に行くことにしました。
往復で80クーナ(約10ユーロ)
アドリア海を短いながらもクルーズ。そしてこのDubrovnikの街を
エメラルドグリーンの海上から眺める。ドキドキ・ワクワク、カメラを構え
船に乗り込みました。
b0105201_5103285.jpg


が、しかしこの興奮も5分後には、不穏な雰囲気に・・・・
確かに街でも風が強かった・・・そんな日には海上はもちろん荒れるわけで・・
写真からお分かりのように、私達の乗った船は小型でした。
エメラルドグリーンの海の上では強風に舞う木の葉のように、船は
大きな波に煽られながら進んで行き、私は10分頃からぐったり・・・。
「もう戻って~!!」と思っても、既に遅し。
見える岸は遠く・・・・・そして目的地は全く見えず・・・・。
生あくびをこらえ、深呼吸をして何とか気を紛らわそうとしていました。
そんな自分で精一杯だった私。気が付いたらキティは胃の中のもの全て
アドリア海へ捧げていました(爆)。
なかなか目的地が見えてこないこの40分の短い長旅、つらかったです~。
お陰で目的地に着いても、ぐったり、この地に着たことに後悔し、写真を
撮る気もなく、お陰で写真はありません(>_<)
帰りは幸いバスという移動方法もあったので、船は往復でチケットを買っていましたが
二人ともバスで帰るということに即効同意。
(写真の右側に写っている男性も帰りのバスの中にいました・・・やっぱりね・・・)

と、お口直し(?)に、私が旅先で必ず撮るワンニャン写真@クロアチア編を。

路地裏で擦り寄ってきたニャンと宮殿脇にいたニャン
b0105201_5282158.jpg

路地裏をあっちこっち歩き回っていたチビワンコ、
宮殿の発券所脇の椅子の下にいたワンコ
b0105201_5301382.jpg


リラックスし過ぎ・・・
[PR]
by glueck-ss | 2007-06-05 05:25 | -クロアチア