カテゴリ:おでかけ(ドイツ)( 13 )

オーデンの森の中の小さな街

別名「地球の迷い方」に「オーデンの森息づく伝統工芸の町」と言われる
Michelstadt(ミヒェルシュタット)にドライブに行ってきました。
お天気は生憎の曇り・雨模様だったけれども、別の目的もあったので強行催行。

3つの塔が特徴的な市庁舎
b0105201_21124215.jpg

木組み造りのお家に、ゼラニウムのお花
b0105201_21152021.jpg

私の好きな看板風景
ワイン酒場
b0105201_21163013.jpg

町のビール醸造所
b0105201_21362993.jpg

看板が示すように「3羽のウサギ」というホテル。
b0105201_4314974.jpg

b0105201_4321256.jpg

思わず、誘われるお店の入り口
b0105201_21355277.jpg

「何で壁に象?」と思ったけれど、
象牙加工・細工が発達し、ドイツの象牙細工中心の地なんですね。
b0105201_2127589.jpg


町の中心に市庁舎、広場、噴水があり、木組みの家々が立ち並び
典型的なドイツの小さな可愛らしい町。
年配のドイツ人観光客(多分バスでの日帰り団体客)も多かったです。
久しぶりに中世ドイツの雰囲気漂う町に来て、
「私がドイツに行きたい!と思ったのはこういう景色に憧れたからなんだよな~」
としみじみ想い出しました。

メインの目的は
[PR]
by glueck-ss | 2009-10-24 21:21 | おでかけ(ドイツ)

ベルリン色々写真

では、まず電車の背もたれに描かれていた観光名所の建築物色々。
b0105201_4313569.jpg

赤丸は説明不要でしょう、東西分裂時代は自由に通れなかったブランデンブルク門
b0105201_432118.jpg

青丸の建物を同時に撮影、ベルリン大聖堂とテレビ塔
b0105201_431550.jpg

緑丸はドイツ連邦議会議事堂
b0105201_44079.jpg

ガラス張りの中央ドーム部分は見学可能だけれども、見学者の行列が後を引かず・・・。
でももしこの議事堂内にあるレストランを予約していれば、行列に並ばず
とも簡単に入場できる、とか? by Tobias君情報。
(さすが、ドイツ高級食品ブランドKaefer。HPに日本語もあることに、驚いた・・・)

ピンク丸は第2次世界大戦で破壊されたままの姿のカイザーヴィルヘルム教会。
ホテルの近くで何度も近くを通ったけれど写真は撮り忘れ・・・

そして残るは、上部中央の茶色丸。でもこれが何なのか私には分かりません、
ご存知の方教えて下さい。

それにしても、ベルリンでは戦勝記念塔(ジーゲスゾイレ)も有名な観光名所だと
思うのだけど、電車内の背もたれには何故描かれていなかったのかな?
b0105201_421283.jpg


イーストサイドギャラリー
[PR]
by glueck-ss | 2009-07-09 23:40 | おでかけ(ドイツ)

おのぼりさんの目的は?

先の投稿に続き、写真で「何を目的にベルリンに行ったか」を推測してもらいましょう。

目的地にはSバーン(近郊電車)で行きました。
目的地の駅を降りると、ウキウキ・ワクワク感が辺りに漂います、
が、結構皆さん重装備じゃない?
b0105201_2153391.jpg


私が散歩、ハイキング好きだからと言って、
その為にわざわざベルリンまで飛行機でなんか行きませんよ。
ん?!この方はこの場に慣れてますね~。
b0105201_362124.jpg


さて、目的地内に到着。
ピクニックシートを広げる人々
b0105201_32284.jpg

ワインをお供にお弁当をパクつく二人
b0105201_335180.jpg

スポーツ観戦か?
b0105201_353652.jpg


答えは
b0105201_394225.jpg

「Waldbuehne(ヴァルトビューネ=森の舞台)」と呼ばれる場所で
1年に1度だけ開かれるベルリンフィルの屋外コンサートに行くことでした。
昨年の、のん太さんの記事拝見して、開放的で自然の中での
カジュアルなクラシックコンサートに是非行って見たいと思っており、
今年もTobias君に誘われたのん太さんに同行させて頂いたのでした。

朝晩はちょっと冷え込み寒く、天気も不安定だったこの週末、
寒さ・雨対策の格好 + 固い椅子でも快適に座る為の座布団 は
標準装備みたい、私達もホテルから小さい枕を拝借して持参しました。

More
[PR]
by glueck-ss | 2009-07-01 18:37 | おでかけ(ドイツ)

大都会へ上京?旅行

先週末、久しぶりに飛行機に乗って観光旅行に行きました。
その行き先とは・・・

この車内の様子だけで分かったとしたら、きっとそこに住んだことがあるか、
良くその街を訪れていた方でしょう。
b0105201_18412925.jpg

とにかく、この街の公共交通機関にはその街のシンボルとなる建物の絵が
至る所に付いていました。
↑の写真の背もたれの部分をアップするとこんな感じ。(ちなみに天井も同様の模様でした)
b0105201_18434796.jpg

こちらは別の電車の窓ガラス、門構えらしきものが描いてあります。
b0105201_18441782.jpg

バスの正面にも
b0105201_1847362.jpg


別のヒント。
キャラクターが可愛いかった、この街で飲んだビール。
b0105201_190278.jpg


もう分かりましたよね、ドイツの首都ベルリンに行ってきました。
久しぶりに「大都会」を感じ、完全におのぼりさん状態でした。
この街を訪れた目的は、また次回に。
[PR]
by glueck-ss | 2009-06-28 18:53 | おでかけ(ドイツ)

Kちゃん 来独5,6日目

4日目の晩に我が家に戻り、ここを拠点に5,6日目は日帰り遠足。

5日目はライン川/モーゼル川ドライブ。
最初の目的地はリューデスハイム。
まだまだ剪定されて小さいぶどうの木々の畑の上をゴンドラで空中散歩し、
ライン川を眺め、街ではアイスクリームを食べながらぶらぶらと。

その後はライン川沿いに建つ古城を眺めながらのドライブ。
片道一斜線のこの川沿いの道はハイシーズン中は湘南の
海沿いの道のように渋滞するのかな?

コブレンツにて父なるライン川と合流している母なるモーゼル川方面へ進路を変え、
モーゼル川沿い上流にむかってドライブ。
本当はハンググライダーをしに来ている友人夫婦に会いに
ルクセンブルク近くの村が最終目的地だったのですが、
お天気が悪くなってきたこと
まだまだ長い道のりであることが
判明したので、途中で諦め引き返すことに。
(ドライバーの為、写真がありません・・・)
5日目の夕飯は、モーゼル川のワインを晩酌に我が家で、となりました。

最終日、6日目はフランクフルトの一応観光散歩。
行き先は、屋内市場、レーマー広場、マイン川からマインハッタンを眺め、
そして、昼間でがらーんとした飲み屋街のザクセンハウゼン。
ランチは食い物横丁(フレッセガッセ)にて。
その後はお土産を買いに郊外の大型ショッピングセンターへ。
お土産を購入し、Kちゃんも気分すっきりした後は、貴婦人にでもなった気分で
優雅な図書室でお茶を。

長くなるので続きはこちら・・
[PR]
by glueck-ss | 2009-05-23 03:54 | おでかけ(ドイツ)

春はやっぱり桜

春に恋しくなるのは日本の桜。
日本のソメイヨシノとはちょっと違うけれど、週末遊びに出かけた先で見かけました。
b0105201_374441.jpg

b0105201_3124851.jpg

週末のお出かけ先は、私が縁結びキューピッドとなった友人夫婦を訪ねてこの街へ。

たそがれ時の橋はロマンチック~
これからの季節は川からの風が気持ち良くカップルの語らいの場になるのかな~。
b0105201_3134631.jpg

こちらお城の夜景ライトアップ、ロマンチックというより、何か出そう・・・・
b0105201_3103125.jpg

これで分かりましたかね?
訪問地はローテンブルクとノイシュバンシュタイン城と並ぶ
日本人にとっても有名な観光地ハイデルベルクでした。

お天気は良かったものの、「哲学者の道」からの眺めは残念ながら霞がち。
b0105201_3154579.jpg

花よりワンコ?
b0105201_3225020.jpg


教えて下さい
[PR]
by glueck-ss | 2009-04-09 14:17 | おでかけ(ドイツ)

プチ旅行の写真

PCに向かっている時にはまとめて連続投稿。

先々週末のプチ休暇。
日々の喧騒から離れ、典型的な小さなドイツの街並み、草原、野原、森林浴
を堪能し、十分休息してきました。
nyfさんご夫婦げーじつお写真にはかないませんが、写真を数枚。

b0105201_3275999.jpg

風見鶏ならぬ、風見バンビ?
b0105201_3182629.jpg

緑、マイナスイオンたっぷりで目にもお肌にも優しいハイキング道。
b0105201_3203880.jpg

b0105201_3211639.jpg

「鼻」という名が付いているクライミング岩。(日本人の鼻の高さではないですね・・)
b0105201_3295288.jpg


植物色々
[PR]
by glueck-ss | 2008-08-19 03:21 | おでかけ(ドイツ)

うふふ♪な土曜日の午後、その2

ある土曜日の午後、nyfさんとのん太さんと
ネッカー川を上流、Heidelber方面に小遠足に行きました。

生憎の曇り空でしたが、撫子3人そろえば雨は降らせません。
目的地は、小高い丘の上の小さな小さな城塞の街、Dilsbergという所。
b0105201_3255356.jpg

それでは城壁をくぐって、街の中に入ってみましょう。
b0105201_3284756.jpg

私達(私だけだったのか?)の頭の中は、この街に来た本当の目的の場所へまっしぐら!
の予定だったのですが、いきなりこんな中世の騎士に夜警のおじ様方に「観光かい?」
などと声をかけられ寄り道することに・・・。
b0105201_3312646.jpg

ここは実はもとは18世紀に建築された建物を再利用したユースホステル。
この日は偶然にもユースホステルのオープンデーで、
「誰でも自由に出入りして見学できますよ~」と誘われたので、
「ではでは、急いでいるわけではないし」と見学させて頂くことに。
この中世の騎士自ら、そして更に可愛いお供が私達をエスコートしてくれました。
b0105201_3461280.jpg

この中世の騎士はとても丁寧に迷路のように入り組んだユースホステル内を
案内してくれました。
ここは食堂の食卓。
b0105201_3503292.jpg

ハイカーが良く使用するので、いつも同じグループが同じ席に座り、
椅子の後ろの棚にはハイカーの食べ物やら、持ち物をしまっておけるように、
必ず食卓の後ろに棚が備え付けれれているとのこと。

古い建物を、一部は城壁の一部分を利用しており、ある部屋の天井裏には
街の鐘がぶら下がっています。毎時ごとに街中に響くように鳴る鐘が天井板一枚だけ
挟んで、ベッドの上にあったら眠れやしないだろうに・・・・。

ベッド数は総数で約80位だったかな。(2段ベッドで)
そうは行っても縦幅が短いので大人にはつらいでしょう、天井も低いし・・・。
小学生のお泊り遠足に使用されることが多いそうです。
だから一応先生だけ一人用のお部屋もありましたよ。

迷路のようなユースを一周し終わり、「コーヒー、ケーキもありますから」と
なんて大盤振る舞いなオープンデーなのでしょう。
でも私達には別の目的があったので、ここではお茶をせず、目的地へ向かいました。

あれれ、「うふふ♪」に辿り着けなかった・・、
ということで続く・・
[PR]
by glueck-ss | 2008-04-22 03:42 | おでかけ(ドイツ)

秋のビール祭りへGo!

ふろっしゅさんも記事に書かれていますが、ミュンヘンのオくトーバーフェストに次いで大きいと言われるVolksfestに、開催日初日早々、しかも二日連続行ってきました。

いえ、別にビール好き、祭り好きって訳ではないのですけれどね・・・。
初日は、春でその味の虜になったあの焼き鯖食べに。
今回もお箸、大根おろし、ポン酢、レモン、醤油そして今回はさらに、
日本人のソウルフードお握り、お漬物まで用意して日本人女性5人で繰り出してきました。
お店はガラガラなので、思い切り持ち込み品を広げて遠足気分でしっかりと鯖1匹
食べてきました。(うーん、写真が無いのが・・・)
そして、最後はもちろん、あのガラスも何も無いオープンな大観覧車
(前回よりも大きい方に)に乗ってこの日を〆ました。

そして次の日は、飲めや踊れやのビールテントを、まだ未経験の日本人に
紹介する為に行って来ました。
土曜日の夕方、祭り会場の最寄り駅では、ビール瓶やワイン瓶をラッパ飲みするバカ者若者が既に酔っ払い状態。いや、これが彼らの祭りへGo!準備状態なのかも。

とにかく土曜の夕方は人が多く、テント前行列だらけ・・・予約がないと無理なようです。
それでも時間制限があったものの、ようやく入ることができました。
やーっとありつけた、1lビール!
b0105201_3564963.jpg

会場内は18時前でも既に大盛況!
b0105201_358340.jpg

b0105201_3584354.jpg


この後は、会場内唯一のワイン専門テントへ移動。
ここはお客の年齢層が高めで少し落ち着いた感じで、日本人の私達には
ほっとできる場所でした。リラックスし過ぎたせいか、4人で3本のワインを開け、
気が付いたら、60’sの音楽に合わせて、踊っていました(^^ゞ

一年に一回はちょっとだけ羽目を外すのもいいかと思います。
(普段しかめっ面なドイツ人が、ここぞとばかりに壊れるのがこのお祭りですね~)
[PR]
by glueck-ss | 2007-10-02 03:48 | おでかけ(ドイツ)

行ってきた~!!!

ここ最近にしては珍しく1日置いての投稿。

というのも、「今シーズンは無理かも」と諦めかけていたあることをしてきて、
体は疲れていますが、興奮さめやらず気持ちが高ぶっております。
「鉄は熱いうちにうて」ということで勢いにのって投稿。

この時の私のお昼の定番のこれ。
カレーブルスト&ポメス(ここのはソーセージが大きいです)
たまーにジャンクフードが食べたくなるので、「体動かしたから、まいっか」
と自分を許して食べています。それに味で外れることはほとんど無いし。
日本でこれをしに行ったら、カレーかうどんか、ラーメンかな?
b0105201_5434142.jpg


そして3時のおやつの定番はこれ。
アプフェルシュトゥルーデル・バニラアイス添え
日本でだったら、何だろう???ソフトクリーム?ホットココア?
b0105201_545778.jpg


どこに行ってきたかって?
[PR]
by glueck-ss | 2007-03-12 05:56 | おでかけ(ドイツ)