カテゴリ:クルマ( 10 )

Der Herr Jazz

先日、日本で久しぶりに運転しました。
実家から我が家まで、ディズニーランドを横目にし、ベイブリッジを通って約1時間のドライブ。
ほぼ高速のみ、車線変更もほとんどする必要が無く簡単な運転でしたが、
交差点で右斜線に曲がりそうにはなりました・・・・
あと、減速する際にどうしても右手がギアを探してしまいます^_^;
そうはいっても、今はもうマニュアル車の運転も不安だなあ。

さて、私のドイツでの愛車2代目、私は「Jazz夫」と男性形としていましたが、
やっぱり、次オーナーも男性形で呼んでいました!

次オーナーが車両登録書替後、私のナンバープレートを記念に送ってくれました。
(正確には、虎ママさん宅に送られ、それをnontaさんが
ハンドキャリーして下さいました、多謝!)

ナンバープレートを受領したので、お礼のメールを次オーナーに送ったところ

「お便り有難う!私達も元気ですし、あなたの旧友、あのDer Herr Jazz(=Mr.Jazz)も元気です。
水曜日に娘を迎えにJazzでオランダまで行きました。あなたから彼を購入して本当に
良かったと思います。そしてこれからも何年も彼と楽しい日々を過ごすでしょう。
それではお元気で」

同じく愛車を擬人化して表現されていて、嬉しいお便りを頂きました001.gif

あ~運転したいなあ(広い道路に限るけれど)
[PR]
by glueck-ss | 2010-10-04 21:22 | クルマ

13日の金曜日の13人

昨日は13日の金曜日でしたね。
平日ですがお盆で会社もお休み。
それを利用してドイツ免許証を日本免許証へ書き換えに。

日本の免許証はドイツの免許証に書換時に提出してしまい、
とっくの昔に失効してます。
(尚、失効後3年以内であれば、更新できなかったやむを得ない
事情を説明すれば日本の免許証の再発行手続きが可能)

さて、外免の日本免許証への書き換え。
私の住む県の免許センターでは、平日の8:30ー9:00か13:00-13:30の
午前・午後の各30分のみの受付、しかも各回13人のみ。
この"13"という数字一体どこから来たのか不思議でたまりません・・・。

とにかく、せっかく出向いて手続きできないのは嫌なので、
早めに行って無事2番目の受付。
(結局、この日はちょうど13人くらいだったと思う・・)

受付順は関係なく、一番最初に免許証を入手できたのは
私と、ドイツ人、カナダ人の3名。
というのも、ラッキーなことにドイツ、カナダ(他にスイスも?)
の免許は筆記も実技試験も免除で、単純に書換されるだけ。
(ただ、以前に日本免許証を取得したことのない人は
”初心者マーク”貼付が義務付けられているようです)

13日の金曜日、申請、審査、手続きで4時間かかりましたが
(他国免許証の場合別途試験を受けに行く必要があるので、
この日だけでは手続き終了しません)
無事に日本の免許証を入手し、身分証明書にパスポート携帯する
必要がなくなりました。

ちなみに、ドイツでは免許証は身分証明書とはみなされません、、、、
ね、虎ママさん(^^;)
[PR]
by glueck-ss | 2010-08-14 17:21 | クルマ

総走行距離9万キロ

2年間乗ったJazzが昨日引き取られていきました。
鍵を手渡した途端に、泣いてしまいました(;_;)

最後の最後まで頭を悩ましたのが、車の処分。
ドイツではSchwackeというディーラー買取市場価格が調べられ、私の車
Honda Jazz、2004年製、95,000キロ走行では、4千ユーロが相場。

中古車ディーラーに売れば買い叩かれるというイメージ、
あわよくば5千ユーロで売れるかも、などという欲から
何とかプライベートで売ろうと試み、中古車サイトのmobile.deに掲示。

が、プライベートで買う人達もSchwacke相場を調べるので、
なかなか4千ユーロ以上では売れず・・・。

最終的に4千ユーロで自分の中で妥協し、メールと電話のやり取りだけで、
300キロ以上離れた所に住む人に売ることに決定。

でも、電話で話した際のアクセント、名字からドイツ人でないことは明らかで、
どうもアフリカ系の人らしく、偏見だけど、不安はあり・・・。

不安がいっぱい
[PR]
by glueck-ss | 2010-06-19 04:26 | クルマ

もう、2月最後の日曜・・

気が付いたらもう2月の最後の日曜・・・。
2月は9年ぶりにスペインの友達との感動の再会がありました。
その旅についてはまたいずれ。

まだカーニバルのおまけ写真がありました。

そしてクラシックカーの行列もありました。
b0105201_516645.jpg

b0105201_523226.jpg

きっと名車なのだろうけれど車種は分かりません・・・。

でも、1台だけは分かります。
これらの名車の先頭を走るのは、私の好きなイセッタ。
b0105201_5192215.jpg

そりを載せているところがまたお茶目だわ(^^♪
b0105201_5202874.jpg

[PR]
by glueck-ss | 2010-02-28 05:31 | クルマ

何事も心の持ちよう(思い込むしかない・・・)

先に私の車が対大型トラックの事故に遭い、愛車ミクラを
手放さなければならなくなった、という記事を書きましたが、
自然災害で莫大な、想像し得ない被害を受けた人々のことを思うと、
自分自身無傷だったし、車を無くしたくらいで、大きな支障が生活に
来たされたわけでもないです。
そんなことで落ち込む、愚痴る自分が恥ずかしくなりました。
なので、先の記事はしばらくしてからまた再アップしようと思います。
コメントを下さったパリジェンヌさん、すみません。

(後日再アップ)

心は持ちよう、いや、どれだけポジティブに思い込めるかで車無しの生活も
少しは利点をあげることができます。

1.自宅から最寄り駅、会社の最寄り駅から会社まで、それぞれ1キロちょっと。
往復全て歩けば、5キロに、これだけで十分の運動。健康的です!

2.おまけに今が一番良い季節。木々の緑や花を愛でることができる。

3.電車やバスで人間ウオッチングが楽しめる。(良い出会いもあるかも??)

4.電車の中で本を読める。(残念ながら一人きりの車の中のように
大声で歌うことはできない代わりに(^^♪)

4.同僚や、バスの運転手さんの優しさを再実感できる。

5.持ち運びできる荷物が限られているので、無駄な買い物はしない。
(でもある程度重い荷物を持つので、腕の力こぶが更に逞しくなりそうだ・・)

この4.のバスの運転手さんとの出会いは今でも覚えています。
私がここに住み始めた2001年11月。
まだこの地域の公共交通機関の運賃制度を全く知らない時に初めて
乗った際に、「xx駅まで(最寄駅)」とチケットを求めたところ
「その先どこまで行くんだい?ゾーン制だからこの後電車に乗ろうが
まとめて目的地まで買えるよ」と親切に教えてくれたのです。

その後何度もバスに乗ることで顔見知りになり、
乗り降りのたびに挨拶をするようになりました。
その後私が車を購入してバスに乗らなくなっても、偶に街中を歩いている私を
見つけて、バスの運転席から手を振ってくれたり。
最近それも見かけなくなり、「配置換えがあったのかな・・・」と寂しく思っていました。

しかし今回事故後、レンタカー支給期間も終わり、「車無しは面倒だな~」と
暗い気分で久しぶりに乗ったバスを運転していたのが彼でした。
私がバスを降りる際に、彼は手を振って私を見送ってくれました。
おかげで暗い顔だった私も笑顔になり、気分が少し軽くなったのでした。

また会社最寄り駅から会社までトボトボ歩いていると、偶然車で通りかかる
同僚(といってもあまり話したこともない)が停まってくれ、乗せてくれたり。

今回の事故を通して、皆の優しさがとても身に心に沁みました。
それだけ見守って、助けてくれる人が周囲にいることがとても嬉しいです。

そうは言ってもね
[PR]
by glueck-ss | 2008-05-22 04:40 | クルマ

最愛のパートナーとの予期せぬ別れ・・・

それは突然やってきました。
私はこの先まだまだずーっと一緒にいられると思っていたのに・・・。
こんな日がそんなに早く来ることは全く予想していませんでした。
だから心構えも全く出来ていなく、心にぽっかり穴が開きました。
毎日毎日会社に行くにも帰るにも、週末、休日も常に一緒に居たのに・・。

先週の木曜に最愛のパートナーの籍を抜き、
そして今日、私を残し、200キロ以上離れた地へ行ってしまいました。


あれはもう2週間以上前の出来事、4月の最終日の朝のこと。
出勤中、会社の目の前で(駐車場に入ろうと左折したところで)
大きな大きなトラックに大変有難くも事故を頂いてしまったのです007.gif

Glueck im Unglueck(不幸中の幸い)、私は無傷。
でも運転手席側後部とリアガラスが全損、またボディにもひっかき傷&凹み。
トランク枠も曲がり・・・・・・・・。
ぶつかった瞬間、自分のことを心配するより「あ”~ミクラが~」と車の心配をした私。
後に恐怖が甦り、ずーっとぶるぶる震えていたのでした。

事故車鑑定は、修理代は4000ユーロ程。
事故前のミクラの車体価格が2300ユーロ。
となると、向こうの保険会社から補償されるのは車体価格分だけ。
それでも、事故後の車体価格は400ユーロで、それでも何とか売れただけ
良かったです。ということで、本日引き取られて行きました・・・。
まだ牽引車まで、自力で動けるのに~。
よっぽど修理代の差額を自分で出して直してもらおうかとも思いました。

御歳10歳10ヶ月、走行距離127,000キロ。
私が購入した頃は75,000キロだったので52,000キロほど一緒に走ったのね。
走行距離150,000キロまではまだまだ元気に走るだろう、と思っていたのに・・・。
周囲から見たら古い価値の低い車だろうけれど、私自身の人生初めての車。
価値の問題ではなく、とても大切な存在だったのに・・・。
と今日はかなりセンチになってしまいました。

ここでもまたまたジャーマン時間・・
[PR]
by glueck-ss | 2008-05-20 05:10 | クルマ

あーーもう!

Blog開始当初は毎日更新していましたが、最近停滞気味・・・。
それにもっと色々な人のBlogにお邪魔したいのに・・・。
それが出来ていない主な理由は、毎日会社でPC画面を見続けており、
家に帰ってきて、またPCに向かうと肩凝るし、億劫になっているから、と
最近まわってきている韓国ドラマのDVDや、日本のドラマ・バラエティの
ビデオ観賞に夜の時間を費やしているから。

タイトルの「あーーもう!!」とは

ドイツの駐車の仕方の悪さに、ちょっと頭にきただけです。
普段ならどうってことないのですが、予定外の残業の後疲れてたから、
車の中で叫んでました。

私の家の前には路上に線が引かれた駐車スペースがあります。
しかし今日は、1台分以外は埋っていました。
1台分空いているといっても、両隣の車が線ギリギリに、というようりも
線上に駐車しているので、はっきり言って私の技術では両隣を
無傷のまま駐車させるのは無理。

ドイツでは大抵の人が頭から突っ込んで駐車します。日本のようにお尻から入って
何度も切り返して、車体、タイヤをまっすぐにしてなんてわざわざ駐車場でしません。
だからでしょうか、ドイツ人の駐車の仕方って、斜めになっていようが、
タイヤが曲がったままだろうが、隣の車にギリギリで隣の車の持主は乗り降りで
きないだろうと、気にしていないと思われます。
とりあえずそのスペースに入っていればいいでしょ、といった感じ。
他の人はおかまいなし、という駐車の仕方が多い気がします!!!

あ、ちょっとムカムカを吐き出したかったので、長くなってしまった・・・・。
[PR]
by glueck-ss | 2006-11-24 05:38 | クルマ

祝2周年ー続き

日本の免許証はこちらでは簡単にドイツの免許証に書き換えができます。
(日本の免許証を役所に預けて、ドイツ免許証を交付してもらる)
でも例えばロシアの人は再度実技等の教習を受けなければならないとのこと、
菊のご紋は強いですね。

さて、今まで一度もマニュアル車を運転したことのなかった私。
といっても教習所での個人レッスンに大金は払えないので、知人に教習をお願い。
マニュアル車ド初心者の私に車を提供して下さり、しかも補助ブレーキも無い車で
助手席で教習なんて、勇気あるお方でしたね。今さらですがここでお礼申し上げます。

あの頃は、曲がりながらギアチェンジというのも「無理ですー、いいんです曲がり
終わってからギアチェンジすれば」なんて言っていたのに、今は片手はハンドル、
片手はギアにおいて曲がりながらギアチェンジできています。
「クラッチ踏んで、半分上げてアクセル踏んで、発進・・・・・・・」と順序をいちいち考えていて
教習後は精神的にも力が入っていた体も疲れ切っていました。
「慣れれば考えなくても体が動くって」という声を「うそだー!!!」と思っていましたが
現在は潜在意識で自然に体が動いています。
逆に日本でオートマを運転すると減速する際左足がクラッチを探して、
右手がギアを探して動いてしまいます。慣れとは恐ろしい・・・。

Micrachenと出会うまで、数台を見ました。車自体は気に入っても予算オーバー
だったり逆に予算内でもどこかが気に入らなかったり、不安点があったりでなんだかんだと
1ヶ月以上時間が経っていました。

これらの期間を通して、中古車の相場が分かって来ました。
私が探す小型車のクラスでは、何故か同じ条件でもVWのものは高かった気がします。
4000ユーロ予算では、7,8年落ち、走行距離75000kmが大体の相場と
分かってきました。(日本に比べると中古車市場はドイツは高いですね、10万キロ
走行が当たり前だからでしょうか。)
でもドイツではまだクーラー付車の普及率は低く、その条件を満たす物件は
なかなかありませんでした。クーラー付きを諦めようと思っていた頃やっとMicrachen
の広告を見つけたのです。

そこには
Micra Miami, Bj.97, 40kW/54PS, Tuv/AU neu, 75Tkm, Klima, Servo, Euro3950,
とありました。Bjとは製造年、Tuv/AU とは日本で言う車検、中古車は2年ごとに
車検に通さなければならず、このMicraは車検を通したばかりでした。
そして「Klima」の文字。これが「クーラー付き」ということ。
何もかもぴったり条件!(まあ残念ながら日本メーカーでしたが)
普段働いている私が見に行けるのは土曜日のみ。「売れないでね!」と願いつつ
見学の日を待ったのでした。

車の性能等には疎いため、教官である知人に来て頂きチェックをお願いしました。
試乗した結果「悪くないんじゃない」とのお言葉。
幸いこのこのMicraを扱うのは、メーカー系でなくとも、きちんと工場併設の中古車屋
だったので、故障があったとしても対応してもらえ安心。
一晩考えるべきかと思いましたが、ここまで待ってこれだけ条件を満たす車は
出てこないだろうし、待っている間に売れてしまったらきっと後悔する、と考え直し
即決・契約となりました。
ちょっと内装だけあまりにも簡素なので驚きましたが・・・。
b0105201_305992.jpg

ハンドブレーキ部分はこんなです。普通標準装備でも小物入れ等ついていませんか?
ちなみに窓は手動です。

納車までに私がすべきことは保険に入ること。車を持つには最低でも自賠責保険
をかけることが義務となっているので、インターネットで様々な保険会社のサイトに
行きネット上見積もりをしてみました。幸い今まで車を所有したことがなくとも、
日本での免許取得期間を考慮してくれるAXAが見つかり、一番上の等級200%
ではなく115%から入ることができました。
保険加入証明を持って行くと、それを元に中古車屋さんは管轄の役所に車の登録
をしてくれ、ナンバープレートも手配してくれました。
そして引渡しの日、現金払いが条件だったので4000ユーロの大金を持って
Micrachenを引き取りに一人で行きました。10月だった為、既に夏タイヤから
冬タイヤに履き替えて私を待っていましたよ。
5キロちょっとの道のりを、初めての一人での運転でびくびくしながら家へ連れて
帰ったのです。

私はこのMicrachenの3代目の運転手。
きっとクラッチの踏み具合、変速のタイミング等、私は慣れておらず
下手だから、きっと「こき使われてる」のでしょうね。これからも1年に1回
定期検査には連れて行くから頑張ってね~。
え?もっと頻繁にボディーを綺麗にしてくれって?半年に一回ではご不満でしょうか・・・?
[PR]
by glueck-ss | 2006-10-30 01:23 | クルマ

祝・無事に2周年!

とは何のことかというと、このMicrachenが我が愛車として登録されたのが
2年前の10月21日だったのです。
-スイスユリアパス、標高2284mにて-
b0105201_613652.jpg

(こちらではMarchはMicraという名前。それにドイツ語で"小さいもの”
の意味を表す縮小辞の語尾”chen"を付けて愛称にしています。)

御歳9歳、総走行距離10600km超えていますが
この2年間特に故障も無く、無事2年ごとの車検も通りました。
順調に約15000km/年を走っています。もちろん、主の私も無事故・無違反です。

さて、ちょっとMicrachenとの出会いを振り返ってみたいと思います。

こちらで中古車を探す方法としては
直接中古車ディーラに行く、新聞広告を見る、インターネットで検索、個人を通して等
の方法があります。

まずディーラには大きく分けて、きちんとしたメーカー系と怪しい系の2つがあります。
(あくまでも私の経験からの個人的主観です)
前者はショールーム付きの所もあったり、展示車も綺麗に並んで信頼感がありますが
安いものがあまりありません。
後者はお手頃価格の物がかなりありますが、事務所といってもコンテナハウスだし、
なにかと「お薦めでっせ、でも他にも欲しい人がいるから、早めに決めて」の言い方で
とにかく「売ろう!」という気迫が強すぎて、車自体の性能、その後の保証等に
不安に感じるところがあります。
こういう所には「ああ、これから東欧、中東に流れていくのね」と思われる古い大きめ
のベンツやBMWも結構あります。

新聞には売買広告がメーカー別ごとに掲載されています。
広告主は個人だったり、中古屋だったり。無料でポストに入ってくる地域新聞も
なかなかの掲載数。
私のMicrachenとの最初の出会いは新聞でした。

インターネットはこちらがお薦めです。
メーカー、車種、年式、走行距離、場所、予算、色等でソートでき、それに加えエアコン付き
オートマ、等条件で更に絞込みが出来ます。
当時は毎日条件を色々変えて検索し、まだ見ぬ愛車を夢見て楽しんでいました。

個人では、自分の車の窓ガラスに「売ります!」と自作広告を貼って走っている人、
人の目の付く所に駐車しておく人がいます。
そこに連絡先が書いてあるので、興味を持った人は連絡をする、という方法。

とりあえず私が探していた頃は、通りかかった中古屋を覗いて見たり、
インターネット、新聞で見つけた車を見に中古車屋へ行ったりしていました。

条件は
- 予算:4000ユーロ以下。
- 年式:1997年製(当時2004年)、
- 走行距離:75000km以下。
- メーカー・車種:せっかくドイツ、ヨーロッパにいるのだから
VWのPoloやLupo,OpelのCorsa,RenaultのTwingo,Clio, Pegeoutの107か207
ちなみにベンツ、BMW、イタリア車は故障が多いと良く耳にしていたのでOut of 眼中。
ベンツ、BMWは手が届かないから、伊車は故障が多いと聞いていたから。
Fiatの略は何だか知っていますか?
ドイツ語では Fehler (欠陥) Immer(いつも) Alle(全ての) Teile(パーツ)と冗談で
言われています。(フィアット車お乗りの方がいたら、ごめんなさい)
米メーカーのFordのKAもちょっとお尻でっかちな不恰好なのでx。
- その他こだわり:クーラー付き
ミッション車を運転したことが一度もなかった私は当初オートマ車を希望していました。
が、こちらではまだまだ数が少なく、その為予算が高くなる。
オートマ車・エアコン無しかミッション車・エアコン付きかを悩んだ末、後者を選びました。
ということで、中古車探しの前に、ミッション車運転教習が始まったのです。
-続くー
[PR]
by glueck-ss | 2006-10-27 03:04 | クルマ

クラシックカー集合!

先日ルートヴィッヒスブルク城を訪れたその週末はちょうど
城前にクラシックカーが集合、展示されていました。
様々なデザインの、個性的なクラシックカーを見るのは私は大好きです。
思いがけなくたくさんの車を見ることができて嬉しかった!(本当は城内見学
のつもりで行ったのですが、こちらに時間を費やしたので城見学は次回となりました)

b0105201_4215033.jpg

b0105201_427768.jpg


出展者はこの車が走っていた時代を思わせる格好、正装をしていました。
b0105201_0164631.jpg

b0105201_4172138.jpg


昔は前向きに開くドアもあったんですね。(Audi製)
b0105201_4151524.jpg


馬車を思わせるデザイン(?製)
b0105201_4191262.jpg


More 私のお気に入りは
[PR]
by glueck-ss | 2006-06-16 00:21 | クルマ