カテゴリ:体験・習い事(未分類)( 7 )

セスナ飛行の体験メモ

-私の為の備忘録-

今回乗ったセスナ
重量約750キロ
速度:約時速180キロ
教習用なので、舵が二つあり。
舵を引っ張ると上昇、押すと下降、左右の動きは車のハンドルと同じ
↓の写真でパイロットが右手でつまんでいるのがアクセル

現在地(高度や場所)を示すデジタル表示は無く、操縦は全て目視。
周囲に他の飛行物体があったとしても、それも目視チェック。

教習、軽飛行機の免許取得にかかる費用は約10,000ユーロ。
(えー高い!!と思ったけれど、ハングをする友人によれば「安いんじゃない」とのこと。)

D-EA00
機体にある数字は飛行機の登録ナンバー
Dがドイツ、その後のアルファベット一文字が軽飛行機の種類、その後は任意。
[PR]
by glueck-ss | 2009-02-21 15:39 | 体験・習い事(未分類)

勇気を出して、ドッキドッキのバレンタインデー

先週の土曜日はバレンタインデーでしたね、
日本では女性から男性にチョコを、ドイツでは逆に男性が女性にお花を贈るのが一般的。
でも、どちらも、もう何年私には関係ないことか・・・(>_<)

と、今年のバレンタインデーには、心臓バクバクemoticon-0152-heart.gifの出来事がありました。

こちらが、私がドッキンドッキンした現場。
b0105201_471255.jpg


直前まで「Ja oder Nein ? うーんどうしよう~」と悩んで躊躇していたのに
「せっかくここまで来たのだから」と、この光景を目の前にして一瞬で決意。
b0105201_4113831.jpg


そうは行っても、この時は足もちょっとプルプル震えていたかも。
b0105201_4134054.jpg


More
[PR]
by glueck-ss | 2009-02-20 04:32 | 体験・習い事(未分類)

初体験-ヨット乗り

b0105201_501956.jpg


この週末も充分に英気を養ってきました。
ミュンヘンの東側に位置するAmmerseeという湖でヨット乗りにトライしてきました。

同僚から「ヨット乗りに行くけど、一緒に行く?」と誘われ
「ヨット」という響きに優雅な・金持ちイメージを抱いていましたが
「デッキで寝転がって優雅な休暇気分をイメージしないでね、
一緒に紐を引っ張ったり、しっかり動いてもらうのだからね
(覚悟しておいてね、とまでは言わなかったけど・・)」と前もって忠告されました。

でも、もともとのーんびり休暇は苦手なので、
一緒に操作?できる、体を動かすことができるのが楽しみでした。
(ちなみにヨットは個人所有のものではなく、ヨットクラブのもの。同僚の彼が
クラブ会員で、一人当たり20ユーロで2日間借りることができました)

まずはヨットに乗り込んで岸辺の風景を撮影。
(まだ未経験者の私に指示されることはなくのんびり座っていました)
b0105201_4494689.jpg


ヨットに重要な帆をかける準備をする経験者二人。
b0105201_4513335.jpg


帆をかけ出港すると、風向きがちょうど良くあっという間に進んで行きました。
b0105201_4521491.jpg


モーターがないので、原動力は帆に受ける風のみ。
その為モーター音はなく静かで、細波の音がとても心地良いです。
風向きと帆の向きによっては、かなりスピードがあがったり、
ぱたっとヨットは動かなくなったりします。
風がどこから、どれくらいの強さで吹いてくるかを考えながら、
風との対話を楽しむスポーツでした。

そしてある程度慣れてくると、キャプテン(?)から「旋回用意!」と声がかけられ
「了解!」と返事をし、前帆(Fock)を動かす為ロープを引っ張る作業をしたり、
舵を取ることをまかされたり、一人前に少しはヨットを動かす手伝いをしたと
実感し満足(^^♪ 「次回」があれば、また行ってみたいな~。

自宅から2時間ちょっと走っただけ、1泊2日の旅でしたが、
プチ休暇気分を存分に楽しめました。

ブンダッターブンダッター
[PR]
by glueck-ss | 2008-06-04 03:33 | 体験・習い事(未分類)

Aqua Fitness始めました

週1の乗馬レッスンは続いているとはいえ、30分だし、それ程激しいレッスンは
していないので運動量はたかが知れている。
テニスも1,2週に1度はしているけど運動量は足りていない気がする。
何かもっと体を動かしたい!と思い、近所の市民屋内プールの
アクアフィットネス10回コース(1回45分)にキティと参加することにしました。

参加者は50,60代のご夫婦が主。一人だけ20代前半と思われるビキニを着た
可愛い女性もいましたが、大体の方が立派なビール腹を持った方々でした。
まずは音楽に合わせて水の中で飛び跳ねたり、脚を上げたり。
その後かなりハイレベルな要求で、仰向けに浮かび、体は”く”の字型にして
顔と両足だけを水面に出し、25mを進んでいく、というものがありました。
私はこれできませんでした・・・。これが結構体の重そうなビール腹のおじちゃんが
すいすいと進んでいくのですよ。お仲周りの浮き輪のお陰・・・?
その後、足や手に浮きをつけて、水の抵抗に対抗して足踏みやら腕振りやらして
あっという間に第1回のコースは終わりました。
息があがることはなかったけれど、腿や二の腕辺りへの負荷はかなりのものだったと
思います。明日は筋肉痛かなあ。

10回で75ユーロ。レッスン前後はプール内施設も利用できます。
それに8回以上参加すれば、健康保険から80%補助が出るそうです。
これは健康にも良い上に、楽しく、かなりお得です。

プール内施設とは、プールはもちろん、ジャグジーとスチームサウナ。
レッスン後はジャグジーに入り、その後スチームサウナに入りのんびりリラックス。
今日のスチームは柑橘系の香りがついていました。
50度位で、1.5m先に座る人の顔は見えない程スチームがでており
これはお肌に良いですよ~。体力作りだけでなく、女にも磨きをかけないと(笑)
[PR]
by glueck-ss | 2007-09-22 05:25 | 体験・習い事(未分類)

1本抜歯したら3日のお休みがついてきた・・・・

週明けの月曜日、朝一で親知らずの抜歯をしてきました。

待合室でのあの時間が嫌でした~。
やっと呼ばれて注射をしてもまた5分くらい待合室で待機。
どれだけ私が「よしっ!」と気合を入れて覚悟を決めていてもなかなか進まないの(>_<)

しかし抜歯治療は軽快な音楽がラジオから流れる部屋で、
ソフトな結構イケメンドクターの手により5-10分であっけなく終了。
でもドリルのぎゅいーんと頭蓋骨に響く作業はつらかった、
一体あれは何をしていたの??
いや、説明されたら絶対貧血起こすから知らないままでいいのだけれど、
どこまで掘るの~???」と不安でした~。

予想以上に短時間で終わったので抜歯中は気合で乗り越えることができました。
(先生が力ずくで歯を抜こうとしている時、私も全身に力込めてました)
「なんだ思ったよりもラクチンだったじゃない」と余裕で受付に行き、
午前中抜歯の為に出社できなかったのでその証明書を書いてもらおうとすると
「半日でいいの?一日?ちょっと待ってドクターに聞いてくるから」と、暫く待たされることに。

その間、気が抜けたのでしょうね。
急に気分が悪くなり、再び治療台の上に横になることとなりました。
そのせいか分かりませんが、水曜日まで3日間出社禁止とお医者さんからのお達し。
医師がこの証明書を書いて、それを破った場合(この期間に出社する)保険が
おりなくなるので厳守なのです。(だから会社も出社を強要できません)
貧血気味なことは確かだけど、何で3日も????
現在、この後私の体に何か大変なことが起きるの??と不安な時間を過ごしております。
1本、しかもまだ楽な上の歯で3日ならば、下の2本を抜歯する際は一体どうなるの?

とは言うものの、空腹感は感じているし元気です。
ただ口の左側を動かす、咀嚼勇気がないので、暫くはお粥生活です。
(ヨーグルトで凌ごうと思ったら、乳製品は禁止されました、何で??)
元気なのに、出かけれらないのでBlog連日更新しましょうかね。
[PR]
by glueck-ss | 2007-07-03 00:51 | 体験・習い事(未分類)

サル~サ!!

先日のサルサ無料体験教室に続いて、この週末はサルサ初心者基礎コースに
参加してきました。土日2日間(各4時間)のコース。

コース開始前に廊下で出会った女性は、きついウェーブの南米系の血が
入っていると思われるいかにも「このコースの先生!」という感じ。
案の定聞いて見ればこのコース担当の方でした。
が、「メインの先生はこれから来るから」とのこと。
そして現れたのは見事なビールっ腹をもった、
「ソーデレ、メーデレ、アイン・ビッスレ、ダシュ・イシュ・・」とシュヴェービッシュ
(ここら辺の方言)訛りの、黒い森出身のばりばりシュバーベン男性。
そして眉毛の立派さといい、髪型といい誰かに似ていると思ったら、
上野公園に立っている「西郷隆盛」!!
気が付いたのは二日目の今日。このことを誰かに告げて気持ちを分かち合いたくても
残念ながら日本人はもちろん私一人。笑いたい気持ちを堪えていました。
いやー、西郷ドンがサルサですよ、想像して見て下さい(^^ゞ

でもラテンムードとはかけ離れましたが、ダンスをされるのを見たら安心しました。
大きなお腹をゆらし、汗だらだら流しながらもステップは軽かったです。

ルンバ・サルサ・マンボ・メレンゲ・バチャタという5つの基本ステップをまず習得。
誰ですか?私が足を絡ませ、よろよろ転びそうになっているのを想像したのは。
一応全てのステップをクリアし、「OK!」をもらえましたよ。

先生いわく、やはり南米の人達は自然とリズムを聞くだけで、本能からリズムをとらえ
ステップが踏めるそう。もちろんあの腰くねくねも。
私達はまず習いますが、それを「次どっちの足で、どっちの方向で」と考えると
xなようです。リズムを聞いて自然に動けるようにならないと。

参加者は夫婦か、友人同士の女性二人組の半々。
女性同士で参加の場合どちらかがリード役(つまり男性役)を引き受けなければならず、
私は今回男性役をしていました・・・・。
日本でもそうらしいですが、ドイツでもサルサは女性の方が愛好者が多く、
男性パートナー不足のようで、サルサバーに行くと男性は引く手あまたらしいですよ。

でもリード役は大切。どれだけ上手くリードできるかで踊りのスムーズさが段違いで
変ってきます。私も先生と踊ると自然とステップが踏めていましたからね。

せっかくならったステップもコンスタントにやっていないとすぐ忘れてしまいそうです。
さあ実践する日はやってくるでしょうか?
[PR]
by glueck-ss | 2006-10-16 05:58 | 体験・習い事(未分類)

習い事 第3弾

茶道、乗馬に続き、今度はクライミング(インドア)を習い始めました。
といっても1回3時間x3回だけの講習。クライミングの基礎を学ぶコースです。

こんなのです。(初心者の私達はもっと平らな壁でやります)
b0105201_1182965.jpg


昨夏岩壁登りを体験し、楽しかったという想い出が残っており、
ちゃんと基礎を習いたい、山登りにも無駄ではない知識・技術だと思ったのが
今回参加のきっかけ。
恐怖感は全く無いとは言えませんが、それよりも、自分の力でてっぺんまで
上がれた時の達成感が何ともいえなく、楽しいんです。

腕力が必要?と思われがちですが(もちろん必要ですが)、登る際は
はしごを登るように、足をひっかけられる所にのせ、脚力で体を持ち上げ
手は後からついていく、という流れが理想的だそう。だから腕力ばかり
に頼っていては、良い登り方とは言えないようです。

********
一昨日の乗馬で内太ももが、昨日のクライミングで腕が筋肉痛。
でも、一昨日のが今頃痛くなるって・・・・・・・。

これが最初のクライミング
[PR]
by glueck-ss | 2006-06-24 01:13 | 体験・習い事(未分類)