サーナ山登山その1ー出た~!の巻

キルピスヤルヴィ3日目。
この日の夕方に次の目的地へバス移動しますが、それまで時間は十分にあります。
この日の天気はサーナ山山頂に微妙に雲がかかるかかからないかという、
まあまあの晴れ模様。
山頂に到着してて雲に覆われてしまったら、せっかくの展望景色も
見られませんが、この地シンボルでもあるこの山に登山することにしました。
b0105201_17501011.jpg

登山といってもサーナ山山頂(右矢印)は1029m。登山開始地点(左矢印)が500mちょっとなので標高差は500mのみ。
まずは毎日ハイキングのスタート地点となっていたハイキングセンターまで
おなじみの車道を歩き始めました。
キルピスヤルヴィを発つ最後の日、景色を楽しみながら歩いていると・・・・・



b0105201_17575767.jpg

「出たー」なんてお化けのような扱いをしてトナカイさんに申し訳ないのですが
念願のトナカイが目の前に現れて興奮してしまいました。
それにしても、「向こうから大型ダンプが来てるよー、危ないよー」
運転手さんがトナカイに気が付いて速度を落としつつ近づいても
このトナカイさんはマイペース。のんびりと動いて行きます。

抜き足差し足で近づくにも同じようなテンポでトナカイも進むで差は縮まず、
10倍ズームを最大にして撮影。
b0105201_17591164.jpg

すると、もう一頭現れました。興奮度は更に高まります。
b0105201_1802881.jpg

「きゃー、行かないで。こっち向いてー」とアイドルへかけるような黄色い声援を挙げると
b0105201_1821812.jpg

こちらを向いてくれました。
この後暫く、私達とトナカイは同じ距離を保ちつつを車道を歩いていましたが、
彼らはサーナ山麓に広がる木立の中へ消えて行きました。
この日の前日サーナ湖畔ハイキング中に、何者かの糞がごろごろ転がっていたのですが
やはりトナカイだったのだ、と納得できた出来事でした。
[PR]
by glueck-ss | 2007-09-23 18:04 | -フィン・ラップランド(夏)
<< サーナ山登山その2-本編 Aqua Fitness始めました >>