雨の中のヘルシンキ観光

二日目は、ヘルシンキに既に1ヶ月以上滞在されていたSさんをガイドに
ヘルシンキ観光に。(その前に、空港まで私の荷物を探しに行ったのだけどね・・)
大和撫子3人そろったのに、残念ながらこの日は雨。

まずはヘルシンキの中央駅から出発。
駅を二人の大男が守っています。(駅構内はまた次に紹介します)
b0105201_0381395.jpg

駅前のトラムで街観光へGo!
b0105201_0395968.jpg

ヘルシンキ内のトラムは全てこの色でした。でも時々この赤いトラムを見かけます。
b0105201_152825.jpg

これは中でお酒を飲むことができるバートラムなのです。

さて、それには乗らず、私達はフィンランドブランドのお鍋や、食器を収集するSさんが
足しげく通っていたフリーマーケットに行ったり、骨董屋、雑貨屋が集まる区域を歩いたり。
とにかく、ここらの州都では見られない、お洒落な、それでいた落ち着いたデザインの
お店が多く、見ているだけで楽しかったです。
でも、危険でしたぁ、むくむくっと今にも爆発しそうな購買意欲を抑えるのが大変だった・・。

さて、興奮すればお腹が空くわけで、私達は腹ごなしを兼ねて、青空市場へ。
この頃が旬のエンドウ豆(中の豆を取り出して生のまま食べると、
ポリポリとして甘くて美味しいの!!)やベリー類がたくさん並んでいました。
b0105201_0523247.jpg

魚、野菜、土産物を扱うスタンドを見ながら進んで行くと、自然といい臭いのする
方へ足が引き寄せられました。
b0105201_0574354.jpg

サーモン、魚介パエリア、ワカサギのような小さなお魚のフライ等を売っています。

日頃魚介類のお店に飢える私はもう釘付け!「食べたいオーラ」を出していたでしょう。
幸い同行の二人も同意してくれたのでここでランチとなりました。
b0105201_112435.jpg

サーモンスープ(クリーム系ではなく、クリアなスープ。鮭、ジャガイモがごろごろと入って
おり、フィンランドでは欠かせないディルが入っています)、魚介パエリア、
フライ・サーモンハンバーグ・マッシュポテトの盛り合わせを3人で分け合いました。
これで一人当たり5ユーロ位だったかな?

この後はヘルシンキのメインブランド通りのエスプラネーディをぶらぶら。
ここもまた、フィンランドブランドの誘いの手があちこちから伸びてきて
危険な場所でした。



と思う程、オレンジの色が目に付きました。
ポストは赤、黄色というのが多いですが、フィンランドはオレンジです。
b0105201_175112.jpg


そして犬に加えて、熊・ペンギンキャラに弱い私には嬉しい白熊がお出迎え!
b0105201_191313.jpg

これは何処かというと
b0105201_1103983.jpg

地下鉄の駅構内の看板です。(中央駅で、右がフィン語、左がスウェーデン語)
電車に乗り込んでもこの看板が。
b0105201_112126.jpg

これはJaffa(ジャッファ)というファンタオレンジに似た飲み物の広告。
白熊、ペンギンだけでなく、イルカ、猿、何だか分からない小動物も登場しているのですよ。
とにかく「ジャッファ飲もうかな」と洗脳されそうになるほど、良く見かけました。

さて、↑の写真でお分かりのように、地下鉄車内の座席も目が冴える様なオレンジ色でした。
b0105201_1141447.jpg

[PR]
by glueck-ss | 2007-08-15 01:19 | -フィン・ラップランド(夏)
<< ガッタンゴットンと揺られて エストニア・タリンへの日帰り旅... >>