フィンランド・ラップランド旅行記はじまり、はじまり~

鼻息荒くしてクレームレターも書き終わったことだし
嫌なことは忘れて楽しかった旅行記を開始したいと思います。

今回一緒に旅をして下さったのは
「いつかは世界一周!」がモットー、フルマラソン完走されたこともある、
タフでありながら女らしいmo0621さん
「To live is to travel」がモットー、昨年アイスランドのキャンプ場で出会い、
その後ドイツにも遊びに来てくれた年下ながら自分の歩みたい方向をしっかり
見定めているSさん。

今夏一緒に旅しましょう、とmo0621さんとメールのやり取りをしていた
とほぼ同時期に、フィンランド大好きなSさんからラップランドへの旅へお誘いを受け、
今回の女3人旅になりました。

私たちより約1ヶ月以上早くヘルシンキ入りしていたSさんはフィンランド語講座に
通われており、と同時に旅の情報収集をして下さり、綿密かつ完璧な
旅程を練って下さいました。今回はかなーり楽をさせて頂きました。

今回の旅程
b0105201_3381620.gif

赤線:フェリー、緑線:寝台列車、青線:バス、ピンク線:飛行機
1日目:ヘルシンキからエストニア・タリンへbyフェリー
2日目:ヘルシンキ観光、夜ロヴァニエミへ移動by寝台列車
3日目:ロヴァで列車からバスへ乗り継ぎ3カ国国境沿いの街キルピスヤルヴィへ
(RovaniemiとTromsoの間の赤丸)
4,5日:キルピスヤルヴィでハイキング
6日目:キルピスヤルヴィでハイキング、夕方にトロムソへ移動byバス
7日目:トロムソ観光
8日目:トロムソからアルタby飛行機、アルタ観光、アルタからホーニングスヴォーグ
経由でノールカップbyバス
9日目:深夜1時にノールカップ発ロヴァニエミへ17時到着byバス
10日目:ロヴァニエミ観光。夜、ヘルシンキへ移動by寝台列車
11、12日目:ヘルシンキ観光

地図を見て頂ければ分かると思いますが、かなりの移動距離、フィンランドを
ほぼ縦断してきました。
参考までに:
ヘルシンキからロヴァニエミまでが900キロ
ロヴァニエミからノールカップ735キロ

それでは、長々、のろのろと続くと思いますがお付き合いのほどどうぞ宜しく。




おんぶにだっこのスケジューリングでほとんど下調べをしていかなかった私は
ヘルシンキに到着して初めて以下のことに気が付きました(^^ゞ

-ドイツより1時間進んでいる(つまり日本との時差は6時間)
-フィンランドではスウェーデン語も公用語、街(駅名、通り名等)に両方の表示がある
-フィンランド語でフィンランドのことは「SUOMI(スオミ)」という

その他旅行中にも色々な発見はありましたので、それはまた後ほど。
[PR]
by glueck-ss | 2007-08-01 04:16 | -フィン・ラップランド(夏)
<< エストニア・タリンへの日帰り旅... 「私の荷物届いたかしら~?」(... >>