後悔先に立たず

朝8時からDubrovnikの街を散策し、路地裏まで歩き回った私達。
午後の14時頃には見る場所がなくなってしまいました。
(教会、博物館内をつぶさに見ていれば話は別です)

そこで船で40分ほどで行けるCavtatという半島に行くことにしました。
往復で80クーナ(約10ユーロ)
アドリア海を短いながらもクルーズ。そしてこのDubrovnikの街を
エメラルドグリーンの海上から眺める。ドキドキ・ワクワク、カメラを構え
船に乗り込みました。
b0105201_5103285.jpg


が、しかしこの興奮も5分後には、不穏な雰囲気に・・・・
確かに街でも風が強かった・・・そんな日には海上はもちろん荒れるわけで・・
写真からお分かりのように、私達の乗った船は小型でした。
エメラルドグリーンの海の上では強風に舞う木の葉のように、船は
大きな波に煽られながら進んで行き、私は10分頃からぐったり・・・。
「もう戻って~!!」と思っても、既に遅し。
見える岸は遠く・・・・・そして目的地は全く見えず・・・・。
生あくびをこらえ、深呼吸をして何とか気を紛らわそうとしていました。
そんな自分で精一杯だった私。気が付いたらキティは胃の中のもの全て
アドリア海へ捧げていました(爆)。
なかなか目的地が見えてこないこの40分の短い長旅、つらかったです~。
お陰で目的地に着いても、ぐったり、この地に着たことに後悔し、写真を
撮る気もなく、お陰で写真はありません(>_<)
帰りは幸いバスという移動方法もあったので、船は往復でチケットを買っていましたが
二人ともバスで帰るということに即効同意。
(写真の右側に写っている男性も帰りのバスの中にいました・・・やっぱりね・・・)

と、お口直し(?)に、私が旅先で必ず撮るワンニャン写真@クロアチア編を。

路地裏で擦り寄ってきたニャンと宮殿脇にいたニャン
b0105201_5282158.jpg

路地裏をあっちこっち歩き回っていたチビワンコ、
宮殿の発券所脇の椅子の下にいたワンコ
b0105201_5301382.jpg




城壁の上から路地裏を眺めると、リラックスして、思い思いの格好をしたニャン達も
b0105201_5345669.jpg


宮殿入り口前には観光客の邪魔になるのに平気で、
期待の目で乞う?-待ちくたびれ?-諦め、ふてくされてしまったワンコも。
b0105201_5363891.jpg

[PR]
by glueck-ss | 2007-06-05 05:25 | -クロアチア
<< 途中経過、おおきくなってます~ Dubrovnik-城壁の内側編 >>