クリスマスイブは彼と?

そろそろこんな会話が聞かれる頃でしょうか?
日本ではクリスマスは「イブは恋人同士で」、「この時期恋人がいないと
ミゼラブル」のような雰囲気が(特に若者の間で)ありますが、
ドイツでは家族で過ごすというのが一般的かと思っていました。

が、このタイトルの会話が女性の同僚AとBの間でされたので「え?」と
ちょっと耳を傾けていました。

会話の前に、登場人物を簡単に紹介。
同僚A(30歳、彼とはドイツ内で遠距離中、週末のみ会う)
同僚B(25歳、今年初めて就職、彼とは同棲始める)

B:「イブは彼と一緒?」
A:「うん、実家方面には戻る予定だから」
B:「今年で何回目?彼とのクリスマスは?」
A:「3回目かな」
B:「私もね彼とは一緒の予定なのだけど、彼が親戚一同が集まるので
彼の叔母さんの所へどうしても一緒に行って欲しいって言うの。
でも私も自分の家族とも一緒に過ごしたいしね・・・」
A:「私の彼は彼の実家でパーティーがあるから、来たければ来ればって言うの。
私もなかなか実家にも帰れないから、家族とも過ごしたいけど、でも彼が
私に来て欲しいって言うならば行くのに・・・」

Bの「自分の家族と過ごしたい」は「彼抜きでも」なのか「彼と一緒に自分の
家族と」かは不明なのですが、結婚前のカップルでも大切なイベント、
クリスマスにはどちらの家族と、いつ(イブの24日か、第1日めクリスマス25日か
第2日目クリスマス26日か)に過ごすかという悩みが出てくるのか・・・
と興味深く聞いていました。

似たような会話って日本ならば結婚しているカップルならば「お盆」や
「お正月」に聞かれる会話かもしれないな、と思いました。
でも結婚前のカップルならば2人だけで過ごす、のが前提になっていて
お互いの家族をまじえてのイベントってないですよね、きっと。

それにしても真剣にこの2人話していましたが「とっても平和な、幸せな
悩みね~、なにかいお惚気かい?」と一人おばちゃん入ってしまいました・・・。
[PR]
by glueck-ss | 2006-11-27 00:37 | ドイツ
<< 冬はいずこ? あーーもう! >>