グリムセイ島での二つの目的とは

20人弱いた乗客のほとんどが多分私と同じ目的だったと思います。

一つは北緯66度33分線を越えて、北極圏に突入すること。
過去に2回行ったノルウェーで果たすことができなかったことで、
3度目の正直。でも「それが何?」ってことなのですが、何となく自己満足の為ですね、
「こんな北まで旅に来たんだ」という・・。

1本だけ滑走路のある小さな飛行場の上を66度33分線は横切っているようです。
空港脇に、何だか心もとない塔が建っているだけでした。
一緒に歩いていた若者も不安だったようで「これ66度33分だよね?」って聞いてきました。
私は「多分、そう願うよ」と答え、「じゃあ」ってことでお互い撮りあったのがこの写真。
b0105201_353163.jpg


各都市までxxkmという標示がついており、「Tokyo 8494km」とありました。

そしてこれが「xx(名前)はx年x月x日にグリムセイに来て、北極圏に入りました」
という証明書。(赤い矢印は場所が分かるように、私が加えました)
b0105201_1372796.jpg

港前のCafeで、300Kr(4-5ユーロ?高っ!)払って入手。お金を払ってまで?と
思いましたが、ここにこなければ入手できないと思い、購入しました。
アイスランド語版もあったのでそちらの方がお土産らしかったな、とちょっと後悔。

そしてもう一つの目的は、このBlogの右上に載せているパフィン(ヒメツノメドリ)を
見ること。前々から写真では見た事があったのですが、この色合いと
何とも言えない情けなーい顔の鳥をこの目で見たいと思っていました。
港から歩いて5分程で、最初のパフィン。初めて自分の目で見るこのお茶目な鳥。
大体皆同じ位のコース、ペースで歩いているので、同じ所で立ち止まり
熱心に写真を撮っていました。
b0105201_322765.jpg


でも島を北へ北へ進むほど、「何もあそこで潜んでこっそり、ズーム最大限にして
撮る必要なかった」
と思うくらいパフィンの数は増え、あちこちで、間近で見る事が出来たのでした。




白く、点々としているのが全部パフィンでした。
b0105201_2561720.jpg

生息地は断崖絶壁の岩壁。陸地には巣はないようです。
b0105201_2441473.jpg

b0105201_2471769.jpg

b0105201_2521923.jpg


パフィンは飛び方もおちゃめ。
カモメが翼をばさ~り一回羽ばたく間に、パフィンはドサドサドサと5回位羽たいて
いるんじゃないのか、と思える位一生懸命羽ばたいて飛んでいます。
(一番下の写真にたまたま写っていました、矢印のパフィン)
犬に例えるならば、他の犬と同じ距離、早さで進めるよう、頑張って4本脚を
ちょこまか動かすダックスフントのような感じ。

でも潜水は得意なんです、ドイツ語名はそのまんまでPapageitaucher(潜水オウム)。
ドン臭そうに見えてもお魚はちゃんとたくさん取れるのです。

こうして二つの目的を果たして、大満足で島を後にしたのでした。
この何でも上手く事が運んだ一日の終わりには、
更に思いがけないラッキーなことが待ち構えていたのでした。

ということでまた、<続く>
[PR]
by glueck-ss | 2006-09-05 01:44 | -アイスランド
<< 幸せな一日のしめくくりは 北極圏下の島グリムセイ >>