乗馬の効果

6月に入ったというのに今朝は10度以下。夏は来るのかな・・・?

さて昨日は第2回目の乗馬のレッスンでした。

実は前回の体験レッスンをした次の日、サイクリングをした後のようにお尻は痛く、
膝の内側にはあざができていて、太もも全体が筋肉痛になっていました。

もしやこれは・・・乗馬って良い効果があるのでは?と思いgoogleってみました。

乗馬は姿勢を正しく保つのがポイント→腰、背筋肉が強くなり、姿勢も整う。
発進の合図をするのに馬の腹を両足で圧迫、たたく→太もも、腹筋がひきしまる。
馬の動き、振動にあわせて体を上下させる→腸の動きが活発になり調子が良くなる。

等があげられるようです。
太ももがプルプルの私にはもってこいです。O脚気味の脚も少し治るかしら?
確かに乗馬に来ている人々はスタイルが良かったです。

今回は馬場で10分ほど前回と同じような練習をした後、野原を歩きに行きました。
(もちろんまだ先生が引き綱してくれています。)

普段と違う上から眺める風景っていいですね。
私は小さいのでいつも(特にドイツだと)人に上から見下げられているので
「うーん、くるしゅーない」とちょっといい気分でした。いや、でもそれ程余裕無かったかな?

野原を歩いていて、途中フーゴがお尻を突然下げるという、動きがありました。
上に乗っていた私にはフーゴが段差からずるっと脚を滑らせた、こけたかのように感じ、
とにかく驚きました。
飼い主の先生の説明によると、それはフーゴが「後ろ足をすくませて、その場でじっと立ち止まった」動作で、フーゴが周囲の何かに驚いた時にするんだそう。
馬によって驚き方はまちまちで、前足を挙げて後ろ足だけで立ちあがったり、突然疾走しだしたり、する馬もいるそうです。
それを聞いて、フーゴの静かな驚き方で良かった、とつくづく思いました。
昨日も一つフーゴの穏やかな性格を知ることができたようで嬉しかったです。




2歳のちびっ子も優しく乗せてあげていました。
b0105201_435087.jpg



そうそう、レッスン終わった後フーゴ鼻水をたら~っと流していました。
本当に馬も鼻水たらすんですね。
[PR]
by glueck-ss | 2006-06-01 04:44 | -乗馬
<< は~るよ来い!は~やく来い♪ 一人で観戦するものじゃない。 >>