8月の山 -八ヶ岳・天狗岳-

木金休み、土日出勤も9月で終わり、10月から土日お休みに戻り、
あららあっという間に11月に・・・・・。

さてさて、一月一山、6、7月は暑さに負け0山でした。
8月は八ヶ岳の天狗山に行ってきました。

行程:唐沢鉱泉(1880m)-西天狗(2646m)-東天狗(2646m)-中山峠-唐沢鉱泉

夏の時期は登山口まで夜行バスが走っていて便利です。
今回は新宿から夜行バスに乗り美濃戸口まで。

しかし・・・、この夜行バスが南アルプスの登山口も経由するので
路面悪い山道をガタガタ、くねくねで寝心地悪く、睡眠できずじまいでした・・・(>_<)

5時には美濃戸口に到着。
そこでtootskyさんと合流し、出発地点の唐沢鉱泉へ。
暑い雲でお天気が心配ながらも6時半にスタート。
頭の上の木々が無くなり尾根に出ると、雲海が広がる中、山並みが見えました。
b0105201_22563566.jpg


西天狗山頂。
この写真では快晴で視界クリア、に見えそうですが、
雲のわずかな切れ間に撮影。
b0105201_22223923.jpg

天狗岳は双耳峰で、西天狗と東天狗に分かれています。
向かいにある東天狗、下って上って20分程の近距離なのに雲に隠れて見えず・・・
東天狗山頂からは、雲が切れ、西天狗が見えました。
b0105201_22304238.jpg

下りはひたすら、「この言葉」に励まされ、下山後を楽しみに歩きました。
(あ、でもアイスもビールも無しで、温泉のみで我慢しました。)
b0105201_21312976.jpg

唐沢鉱泉の源泉地は、中国の世界遺産「黄龍(ホワンロン)」のミニチュア版のようで神秘的でした。
b0105201_21322019.jpg

お風呂場の壁には八ヶ岳産の大きな岩がそのまま使われていて、
そのコケむした岩のすき間からシダが生えていました。
屋内ながら森の中の温泉に浸かっているようで、とても良いお湯でした。
秘湯のお宿、今度は是非宿泊したいな~。






相変わらずお花の名前を覚えず、またきれいに撮影できず・・・
ということで少しだけ。

初めて知りました&見ました、ギョリンソウ、別名ユウレイダケ
色素もなく、ほんと、生気のない感じで不思議な植物。
b0105201_214118.jpg

こちらは何度も見かけ数少ない名前を覚えているヤマハハコ(山母子)
でも、実は最近まで「ママハハコ(継母子)」と覚えてました・・・^^;
b0105201_21483098.jpg

ちょっと面白い写真になったかな~?
b0105201_21484661.jpg

ちなみにこちらが横から。 このお花は何でしょうか?
b0105201_21535834.jpg

[PR]
by glueck-ss | 2011-11-01 21:49 | 日本で歩く
<< 8月の山 その2-白馬- 北の島で食べたもの >>